2014年04月21日

米軍進駐

占領軍の日本進駐は、昭和20年8月28日の神奈川県厚木飛行場への米軍先遣隊到着に始まります。二日後の30日には、連合国軍最高司令官ダグラス=マッカーサー元帥が到着しました。
9月2日、日本の重光葵外相と梅津参謀総長は、アメリカ軍戦艦ミズーリ号の艦上で降伏文書に調印しました。
日本は実質上、アメリカ軍の軍事占領下に置かれるようになりました。

当初、アメリカ軍は軍政をしく方針でしたが、進駐がなんらの流血を見ることなく、極めて平穏に行われたことや、日本政府の要請に応じて軍政布告を撤回することになりました。
9月6日トルーマン大統領は、「降伏後における合衆国の初期の対日方針」を承認し、必要な場合の行動の権限を保留しつつ、管理について日本政府を通して行うよう正式に訓令しました。
連合国の軍事占領は間接支配の形式をとりましたが、GHQの指示は日本のあらゆる国内法に優越していました。

■ 鹿児島進駐・鹿屋
鹿児島県に米軍が進駐してきたのは9月3日、鹿屋飛行場でありました。
これは、西日本でもっとも早い進駐でした。
外国軍進駐、不安を抱いた市民たちは山間部へと避難を始め、鹿屋市内はネコ一匹通らぬほど人気がなくなったそうです。

ギラギラ太陽が照り付ける蒸し暑い9月3日の正午近く、志布志方面上空から2機のダグラスが鹿屋飛行場に向かって飛んできました。
ゆっくり旋回、1機が着陸姿勢に入ったが、再びエンジンをふかして舞い上がりました。
再度着陸姿勢にはいると、そのまま砂ぼこりを巻き上げながら降りてきました。

降りてきたのは司令官シリング大佐、出迎えの人々と挨拶を交わすと、早速基地一帯の視察を始めました。
大佐がまず要求したのは、滑走路の補修でした。
相次いだ空襲によって、あちこちに窪みができ、爆弾や飛行機の破片が飛び散っていたのでした。
シリング大佐の態度は命令的なものではなく、事務的だが和やか、飾りっ気のないアメリカ人気質でテキパキと処理する人物であったそうです。

■ 鹿屋市高須海岸
翌日4日には、高須海岸に海からアメリカ軍が上陸してきました。
朝から偵察機が何度も低空で旋回し、異様な雰囲気であったそうです。
午前7時30分、湾口に艦船数隻が見えてきました。その数21隻。
艦艇は太白浜に停泊していましたが、遠浅であったため金浜へ移動しました。

昼前、上陸用船艇が渚に突っ込み、船前方の観音扉が開きました。
やがて砂浜には太い鉄線で編んだ金網と鉄板が敷かれ、船底からブルドーザーが降ろされました。
ブルドーザーは、海岸にあった高さ10メートルほどの崖を崩すと、あっという間に道路に通じる道を造ってしまいました。

人海戦術とスコップによる工事しか知らない現地の人々は、アメリカの凄さを見せつけられた思いでした。
鹿屋基地に通じる道路は、米兵や物資を満載したトラックがひっきりなしに通り始めました。
進駐は、ひと声の号令や叱咤の声もなく、整然と行われました。
上陸の様子を見ていたひとりの人は、「これでは、日本が勝てるはずがない」と呟いたそうです。

この日、鹿屋に進駐してきた米兵は約2500人だったそうです。


■ 鹿児島市進駐
9月24日、米軍視察団を乗せた4機の米軍機が、焦土鹿児島市の上空を低く旋回していました。
鴨池飛行場に着陸した米軍視察団は、自動車で県庁と市役所を正式訪問しました。
視察団のなかには、7月27日、鹿児島駅一帯にビラで予告爆撃した飛行将校もいたそうです。
市役所では、岩切重雄市長を囲んで殆ど一方的な会談が続いたそうです。

10月5日、佐世保から来たグレイズ・ブルーク中佐が鹿児島駅に到着。
この人物が、鹿児島の初代軍政官。
翌6日、地方軍政部が鹿児島市役所に設置され、本館2階の正副議長室・議員控室・助役室・収入役室・食堂を接収して使用しました。

これより先、鹿児島県では米軍進駐に備えて、内務部に外務課を設置、軍政部の接遇に万全を期しました。
宿舎として風景楼、中村武兵衛氏宅(下荒田)、旅館満潮(天保山)、三越ホテル(天保山)の他、民家数軒が充てられました。

10月17日には鹿児島駐留軍の先遣隊として、リチャードライト・ヘイワルド中佐以下30人が熊本から列車で鹿児島市入りし、県立第二中学校(現甲南高校)に入りました。
28日には佐世保から、アメリカ第六軍第二海兵隊クレル大尉以下280人。
30日にはシャリカル大尉以下300人の海兵隊員が専用列車で到着し、次々に県立第二中学校へ入って行ったそうです。
この駐留部隊は、昭和21年10月まで鹿児島市に駐屯しました。

海兵隊員のなかには、市民に暴行や殺傷事件を起こす者たちもいました。
被害を受けた市民たちは、泣き寝入りするしかない状態であったそうです。
次回は、アメリカ軍政下の様子にふれてみます。
posted by ぶらかご.com at 23:43| Comment(0) | 戦後の鹿児島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

デマと避難さわぎ

■ 一気に広まったデマ
鹿児島県下の人々の間で、「米軍上陸によって、婦女子は暴行を受けたうえ、皆殺しにされる」というデマが一気に広がっていました。
南九州は沖縄本島につづいて、米軍上陸の予想地点として本土防衛軍30万人が県下一帯に配備されていたため、デマは真実性を帯びてアッという間に広がっていました。

終戦の15日から16日にかけて、多くの市民たちは食料や衣類などを持って続々と避難しました。
避難する人々の流れは伊敷方面、伊集院方面、蒲生方面へと向かい、その騒ぎが沿道の人々を巻き込んで県下あげての避難騒ぎとなってしまいました。
鹿児島市の人は伊敷へ、伊敷の人は小山田へ、小山田の人は郡山へ、郡山の人はさらに奥へといった「少しでも山奥へ」といった状況でありました。

終戦翌日の朝、磯街道は「米軍進駐」の情報におびえる避難民の群れでいっぱいだったそうです。
お年寄りから女、子供までリュックを背負い、両手には風呂敷包をさげて汗とホコリにまみれての移動でした。
なかには竹で作った乳母車に衣類や食料を山のように積んで押していく人もありました。
人々は、デコボコの砂利道を黙々と北へ北へと向かっていました。

「婦女子は暴行を受けたうえ、皆殺しにされる」というデマによって、女学生から中年の婦人まで顔をススで黒く塗ったり、髪を短く切って男装をする人もあったそうです。

■ その他のデマ
婦女子は暴行を受けたうえ、皆殺しにされる」というデマ以外にも、次のようなものが流れていたそうです。
1.中国の軍艦5隻が甑島の沖にさしかかり、南九州地区は同国軍隊によって占領されることになった。
2.アメリカの落下傘部隊が鹿屋の飛行場に降下した。
3.アメリカ軍が隼人の飛行場に着陸して、すでに飛行場を出発して加治木街道を鹿児島へ向け進撃中。
4.アメリカの軍隊が山川沖にさしかかっている。
5.進駐軍が川内まできた

8月21日の出水では、鹿屋海軍航空隊参謀が出水・大川内・高尾野・野田・米ノ津の各町村長たちにこう告げました。
「今夜十二時を期して米軍が出水飛行場に落下傘で降下する。何をされるかわからないので全員避難させよ」
各町村長は、急いで人々に知らせました。
告知から1時間も経たぬうちに、出水町広瀬から山手の大川内へ通ずる県道は、大八車やリヤカーを押す人たちでぎっしり詰まったそうです。

翌朝、参謀の命令がデマであったことが分かると、翌日朝から山を下ってホッとした表情で我が家へ戻ってくということもあったそうです。

こうしたデマと避難騒ぎは、鹿児島市内だけでなく鹿児島県一帯で発生したそうです。


■ 行政の不手際
昭和20年8月15日午後、鹿児島県知事部局から各地方事務所に重要書類の焼却と女子供の避難命令が出されました。
このことが、県民たちの動揺に拍車をかけてしまいました。
『あれから十年』では、当時の様子を次のように記述しています。

時も時、県庁から「アメリカ軍が上陸すると婦女子は必ず辱めを受けるから海岸線より少なくとも二里以上山奥に避難し、市町村の職員は之と行動を共にすべし。
なお、戦争に関係のあった書類や物は直ちに焼却せよとの達示があった。

市民はまるで夢遊病者の如く恐怖にさまよい、頼るべき希望もない最中にこの様な県知事からの達示で一段の動揺を醸したことはいなめない。

この達示を受け取った岩切鹿児島市長は、血相を変えて大いに反発を試みられた。
曰く「無条件降伏をしたのに左様な非人道的な事が行われるはずはない。むしろ疎開先から一刻もはやく市内に帰って復興に努めることこそ愁眉の急務である。」と言って、その達示を市民に伝えることを拒んだそうです。

■ 岩切鹿児島市長の市民への通達
上之原水源地に市役所を移し、事務を執っていた鹿児島市役所は8月20日から市庁舎に復帰して、事務を開始しました。
市長は、「市民の皆様へ」と題した通達を出しました。
「先般来、いろいろのデマが乱れ飛び、ために人心の不安動揺をきたしましたことは、誠に遺憾に堪えません。どうか皆様もこの際、安んじて大詔のご精神を信奉し、時局の推移に関しては平静なる態度をお持ちください。市は万難を排して皆様の食料配給に遺憾なきを期し、さらに水道や電車の復旧等を急ぎつつあります。皆様はこの秋こそ隣保相寄り、相助て一丸となり、進んで市政にご協力あらんことを希望してやみません。」

続いて8月22日にも、次のように呼びかけました。
「明朗な心持ち、明るい生活にかえって、新たな建設に進んで頂きたいのです。家もなく、物も足りないのに、それはむつかしいのですが、先ず心持ちからでも明るくなってください。
市も各方面に最善の努力をいたします。
1.水道も電燈も電車も復旧を急いでいますから、やがて出来るとおもいます。
2.市庁舎の中に市民病院も始めることにいたしました。
3.住居の問題もいろいろ工夫しておりますが、そのうち何らかの方法が講ぜられることと思います。
4.配給も最善をつくします。
近頃、食糧の盗難が伝えられますが、そんなことは市民の恥ですから、お互いに自戒しましょう。

戦後の混乱のなかで、市民たちのかにはモラルが低下した者たちが、軍物資の掠奪や畑を荒らす者もありました。
混乱のなか、9月、アメリカ軍が鹿児島に進駐してきました。
posted by ぶらかご.com at 22:26| Comment(0) | 戦後の鹿児島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

一部青年将校による、終戦詔勅返還の動き

終戦当日、神奈川県厚木海軍航空隊の戦闘機部隊が降伏反対のビラを空から関東一円に撒きました。
基地司令は小薗安名大佐、旧加世田市万世町出身。
厚木と鹿屋は米軍が日本進駐の先遣隊を着陸させよとした基地でありました。
もし、厚木や鹿屋で事故が起きてしまうと、戦争終結の計画が水の泡となってしまう可能性がありました。
厚木では、行動を抑え込むため陸戦隊まで用意されたのでした。

鹿児島では終戦直後、鹿児島地区軍司令官大迫通貞中将を擁した青年将校たちが、「徹底抗戦」を叫んで不穏な行動を起こし始めていました。
8月15日の夜から6日間、目まぐるしい動きが展開されたのでした。

■ 抗戦ビラ
当時、鹿児島地区司令部は冷水峠の横穴防空壕にあり、磯の重富荘が司令官宿舎になっていました。
司令部付の将校や下士官は付近の焼け残った旅館や民家に分宿していたそうです。

8月15日、大迫司令官は玉音放送が終わると横穴防空壕に幹部将校を集めました。
「陛下にすまぬ。忠誠を尽くす道を考えよ」と訓示しました。
この夜、四人の若い将校が重富荘に集まり密談を開き、「米軍が上陸すれば戦う」ことで一致しました。
ビラ作りや司令部にある武器・食料搬出などの作戦を練ったそうです。

草牟田に疎開中であった鹿児島日報の印刷機でビラ2400部を印刷しましたが、配布する前に憲兵隊に押さえられてしまいました。
しかし15日夜、ザラ紙と20枚の大型模造紙に書かれた抗戦ビラは、伊敷や天文館・高見馬場・武之橋・唐湊・鴨池方面に貼られていました。
憲兵隊によって、16日中にすべて剥がされたそうです。
ビラを目にした人はごく一部に過ぎず、「大西郷につづけ」「薩英戦争では勝った」「軍は健在だ」「あくまで戦う」などが書かれていたそうです。

「鹿児島地区司令部内で終戦反対をとなえ、不穏の動きがある」という情報が、伊集院にあった第40軍司令部に鹿児島憲兵分隊から入っていました。
確認のため憲兵隊本部司法主任であった吉尾逸曹長が、鹿児島市に派遣されました。
「地区司令部の若手将校は、海軍航空隊と連絡し飛行機で空からビラをまく恐れがある」という情報をつかむと、伊集院の中沢中将に報告しました。
すぐ、大迫司令を呼び出す手続きに入りました。

■ 海音寺潮五郎と大迫司令
8月17日、城山の横穴防空壕に作家の海音寺潮五郎が大迫を訪ねてきました。
海音寺は、「決起するとすれば、敵は日本の中央部ということになる。いうならば西南戦争の再現だが、兵力・武器の用意はいかに?」と大迫に尋ねました。

大迫司令官は実情を説明。
海音寺は、「それならば、西南戦争のときよりも悪いではないか」と言ったそうです。
海音寺は、下から突き上げられている大迫司令の心中を読み取り、「結局は天皇の御心に沿うことになるだろう」と判断して別れたそうです。
大口に帰る途中、海音寺は「敗戦こそ、日本にとって神風であるに違いない」と呟いたそうです。

■ 大迫司令の説得
伊集院の第40軍司令官中沢中将は、戦争終結の大方針が決まるとともに、横山第16方面司令官から軍内部に混乱を起こさぬよう厳命を受けていました。
鹿児島には米軍上陸に備えた実戦部隊、およそ30万人が密集していました。
全面降伏という不名誉な事態に対し、将兵たちの反応がとても気になるところでありました。
処置を誤れば、混乱はどこまで波及するか計り知れないものがあったのです。
中沢中将は、鹿児島地区司令部の一部将校による「徹底抗戦」の動きに対して一刻も猶予できず、断固たる処置をとる必要がありました。

当時、軍の命令系統は西部軍管区・横山中将のもとに、熊本管区・土橋中将、その下に鹿児島地区司令部がありました。
第16方面軍・横山司令官の下に第40軍は属しており、中沢中将は薩摩半島一円に布陣する軍治安の責任者でありました。

8月18日、横山司令官と大迫司令官が伊集院の司令部で会談することとなりました。
司令官部廊下には、青年将校14,5人がピストルに実弾を込めて待機、大迫司令が聞き入れないときは射殺もやむを得ずという険悪な空気であったそうです。
午後8時ごろから始まった会談は、午後11時頃に終わりました。

8月20日、大迫司令は乗用車で熊本へ、それから汽車で二日市の西部軍管区へ出頭。
地区司令官の職務は停止され、後任には伊佐中将が発令されました。

大迫司令官は、旧東市来町出身で昭和20年3月末、予備役で召集され鹿児島地区司令官に就任していました。
本土決戦をひかえ地区防衛強化のため、とくに起用されたそうです。
温厚で包容力に富む同将軍は、民間にも信望厚く軍民一体の体制をつくるには最適の人物だったようです。

大迫中将の解任によって終戦詔書返還運動はなくなり、混乱を未然に防ぐことができたのでした。
この頃、市民たちの間には、「米軍上陸したら女子供たちは銃殺される」というデマが飛び交い、鹿児島県下で大きな騒ぎになっていました。
posted by ぶらかご.com at 23:17| Comment(0) | 戦後の鹿児島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。