2014年04月09日

オリンピック作戦と鹿児島

■ 日本本土上陸作戦(ダウンフォール作戦)
「日本の早期無条件降伏のためには本土上陸も必要」との考えから、アメリカ統合参謀本部は上陸作戦を研究していました。
上陸作戦の骨子は1945年2月のヤルタ会談直前に完成し、6月29日にはアメリカ大統領が承認をしました。
マッカーサー元帥を最高責任者とし、川内と宮崎県都農を結ぶ線から南部を占領するものでした。
この作戦では、首都圏攻撃のための航空基地確保が最大の目的でありました。

南九州侵攻ににつづいて関東侵攻(コロネット作戦)が予定されており、これらを合わせて「ダウンフォール作戦」と呼んでいました。
”ダウンフォール”は、失墜や滅亡といった意味だそうです。
日本を無条件降伏させるためには、首都陥落作戦がもっとも効果的と考えられていたようです。

■ オリンピック作戦(南九州侵攻)
オリンピック作戦は、1945年11月1日に決定されていました。
志布志湾岸、吹上浜、宮崎海岸の三正面からの同時上陸によって、一気に南九州を占領する計画でした。

この作戦では、事前の空爆と艦砲射撃、付近の島嶼占領、三正面同時上陸、予備作戦として開聞岳付近の上陸を主な柱としていました。
事前の空爆と艦砲射撃は、8月18日から実施される計画で、航空基地の破壊や北九州との連絡遮断を経て、10月24日から上陸地点への集中攻撃を予定していました。

【 三正面同時上陸 】
これは11月1日、午前6時に決行される予定でした。
@ 志布志湾岸
志布志・柏原間に上陸し、宮崎海岸から上陸した軍団と連携しながら「岩川―高隅―鹿屋」を結ぶ線まで進出する計画でした。

A 吹上浜
吹上浜では、「串木野―神野川河口(旧東市来)」の間から上陸し、「鹿児島―入来―川内」を結ぶ線に到達後、さらに北方へ進攻する計画でした。

B 宮崎海岸
宮崎市付近に上陸後、「佐土原―青井岳(山之口町)」を結ぶ線へ内陸進攻するものでした。

【 予備作戦としての開聞岳付近上陸 】
11月5日以降に実施し、「瀬々串―知覧―白沢(枕崎)」を確保して、鹿児島湾西南岸支配を目指すものでした。

これら上陸作戦では4つの軍団、イギリス空母部隊を含めた3000隻の艦船、6000〜7000機の航空機、車両14万台、総人員81万5000人を動員する計画でした。
アメリカ軍が沖縄戦に投入した、54万8千人をはるかに上回る計画となっていました。


■ 日本軍の対応
昭和20年7月、大本営陸軍部はアメリカ軍の進攻を次のように分析していました。
@関東方面の主作戦に先立ち、九州方面で第一次決戦がある。
A基地獲得の目的で行う南九州上陸作戦は、8月以降と判断。
B上陸時期は台風期以降
C志布志、吹上浜、宮崎の三正面同時上陸(特に志布志が決戦場)
D連合国の戦力は十数個師団 など

以上の分析は、作戦趣旨や開始時期、主戦場、戦力などについてほぼ的を得ていたものでした。
冷静な判断とは裏腹に決戦思想が強調され、持久戦などは考えず玉砕を強要するものでありました。
志布志湾沿岸や吹上浜沿岸、薩摩半島南岸には守備陣地が密集して構築され、大量の部隊が配備されました。
軍は「一億玉砕」を唱え、国民義勇戦闘隊や地区特設警備部隊などで市民を根こそぎ動員しました。
鹿児島県民は、何らかの形で戦闘や作戦に巻き込まれようとしていました

日本軍部は昭和20年4月に「決号作戦」を作成して、南九州に大量の部隊を配属しました。
鹿児島では4月から陸軍部隊が増強され、川辺に146師団、伊作に206師団、川内に303師団、伊集院には台湾から40軍司令部が移ってきました。
そうして、大隅半島を57軍が、薩摩半島を40軍が守備するという態勢が構築されました。

海軍も特攻戦用の小型潜水艇や高速艇(震洋)基地を多数配備しました。
陸軍でも、海上特攻(海上挺身隊)が密かに配備されていました。
動員された将兵数は、15万人あるいは20万人とも言われており、正確な数は分かっていません。

しかし、守備についた部隊は兵器・軍馬・食料が不足していました。
タコつぼ陣地を掘るスコップでさえ事欠く始末で、周辺の民家から駆り集めるといった有様でした。
栄養不足と不衛生によって、赤痢が発生。
り患した兵士たちは、鹿児島市伊敷にあった陸軍病院へと搬送されていきました。

南九州の守備隊は、本土決戦の掛け声には程遠い頼りなさであったそうです。
もしオリンピック作戦が実施されていたら、ひとたまりもなかったかもしれません。

posted by ぶらかご.com at 23:52| Comment(0) | 鹿児島の近代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする