2014年04月21日

米軍進駐

占領軍の日本進駐は、昭和20年8月28日の神奈川県厚木飛行場への米軍先遣隊到着に始まります。二日後の30日には、連合国軍最高司令官ダグラス=マッカーサー元帥が到着しました。
9月2日、日本の重光葵外相と梅津参謀総長は、アメリカ軍戦艦ミズーリ号の艦上で降伏文書に調印しました。
日本は実質上、アメリカ軍の軍事占領下に置かれるようになりました。

当初、アメリカ軍は軍政をしく方針でしたが、進駐がなんらの流血を見ることなく、極めて平穏に行われたことや、日本政府の要請に応じて軍政布告を撤回することになりました。
9月6日トルーマン大統領は、「降伏後における合衆国の初期の対日方針」を承認し、必要な場合の行動の権限を保留しつつ、管理について日本政府を通して行うよう正式に訓令しました。
連合国の軍事占領は間接支配の形式をとりましたが、GHQの指示は日本のあらゆる国内法に優越していました。

■ 鹿児島進駐・鹿屋
鹿児島県に米軍が進駐してきたのは9月3日、鹿屋飛行場でありました。
これは、西日本でもっとも早い進駐でした。
外国軍進駐、不安を抱いた市民たちは山間部へと避難を始め、鹿屋市内はネコ一匹通らぬほど人気がなくなったそうです。

ギラギラ太陽が照り付ける蒸し暑い9月3日の正午近く、志布志方面上空から2機のダグラスが鹿屋飛行場に向かって飛んできました。
ゆっくり旋回、1機が着陸姿勢に入ったが、再びエンジンをふかして舞い上がりました。
再度着陸姿勢にはいると、そのまま砂ぼこりを巻き上げながら降りてきました。

降りてきたのは司令官シリング大佐、出迎えの人々と挨拶を交わすと、早速基地一帯の視察を始めました。
大佐がまず要求したのは、滑走路の補修でした。
相次いだ空襲によって、あちこちに窪みができ、爆弾や飛行機の破片が飛び散っていたのでした。
シリング大佐の態度は命令的なものではなく、事務的だが和やか、飾りっ気のないアメリカ人気質でテキパキと処理する人物であったそうです。

■ 鹿屋市高須海岸
翌日4日には、高須海岸に海からアメリカ軍が上陸してきました。
朝から偵察機が何度も低空で旋回し、異様な雰囲気であったそうです。
午前7時30分、湾口に艦船数隻が見えてきました。その数21隻。
艦艇は太白浜に停泊していましたが、遠浅であったため金浜へ移動しました。

昼前、上陸用船艇が渚に突っ込み、船前方の観音扉が開きました。
やがて砂浜には太い鉄線で編んだ金網と鉄板が敷かれ、船底からブルドーザーが降ろされました。
ブルドーザーは、海岸にあった高さ10メートルほどの崖を崩すと、あっという間に道路に通じる道を造ってしまいました。

人海戦術とスコップによる工事しか知らない現地の人々は、アメリカの凄さを見せつけられた思いでした。
鹿屋基地に通じる道路は、米兵や物資を満載したトラックがひっきりなしに通り始めました。
進駐は、ひと声の号令や叱咤の声もなく、整然と行われました。
上陸の様子を見ていたひとりの人は、「これでは、日本が勝てるはずがない」と呟いたそうです。

この日、鹿屋に進駐してきた米兵は約2500人だったそうです。


■ 鹿児島市進駐
9月24日、米軍視察団を乗せた4機の米軍機が、焦土鹿児島市の上空を低く旋回していました。
鴨池飛行場に着陸した米軍視察団は、自動車で県庁と市役所を正式訪問しました。
視察団のなかには、7月27日、鹿児島駅一帯にビラで予告爆撃した飛行将校もいたそうです。
市役所では、岩切重雄市長を囲んで殆ど一方的な会談が続いたそうです。

10月5日、佐世保から来たグレイズ・ブルーク中佐が鹿児島駅に到着。
この人物が、鹿児島の初代軍政官。
翌6日、地方軍政部が鹿児島市役所に設置され、本館2階の正副議長室・議員控室・助役室・収入役室・食堂を接収して使用しました。

これより先、鹿児島県では米軍進駐に備えて、内務部に外務課を設置、軍政部の接遇に万全を期しました。
宿舎として風景楼、中村武兵衛氏宅(下荒田)、旅館満潮(天保山)、三越ホテル(天保山)の他、民家数軒が充てられました。

10月17日には鹿児島駐留軍の先遣隊として、リチャードライト・ヘイワルド中佐以下30人が熊本から列車で鹿児島市入りし、県立第二中学校(現甲南高校)に入りました。
28日には佐世保から、アメリカ第六軍第二海兵隊クレル大尉以下280人。
30日にはシャリカル大尉以下300人の海兵隊員が専用列車で到着し、次々に県立第二中学校へ入って行ったそうです。
この駐留部隊は、昭和21年10月まで鹿児島市に駐屯しました。

海兵隊員のなかには、市民に暴行や殺傷事件を起こす者たちもいました。
被害を受けた市民たちは、泣き寝入りするしかない状態であったそうです。
次回は、アメリカ軍政下の様子にふれてみます。
posted by ぶらかご.com at 23:43| Comment(0) | 戦後の鹿児島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする