2014年05月07日

終戦直後の道路・施設などの清掃

■ 焼野原の清掃事業
終戦直後の鹿児島市街地は、建物の焼壊によって石塊や瓦礫の山となっていました。
道路の路面は見えない状態で、通行できるところは限られていました。
進駐軍のジープは、瓦礫だらけの道を器用にかわしながら鹿児島の街を疾走していたそうです。

昭和20年4月から始まった鹿児島の空襲では、被災のたびに緊急措置として道路清掃を行っていました。
しかし、度重なる空襲と警報発令によって清掃作業は進みませんでした。
戦争がおわって、ようやく本格的な清掃に手を付けることができたのでした。

終戦から6日後くらいから、消防団や児童生徒・刑務所服役者を動員した、手始めに道路を通行できる程度の清掃と除去作業が始まりました。
昭和20年10月末からは、事業による労務者と服役者約100人の応援を得て、道路と公共地帯の瓦礫除去や政争をおこないました。

瓦礫除去と清掃は、鹿児島市中心部の金生町や呉服町、大黒町、山之口町から始まりました。
集められた瓦礫の一部は宅地の整地に利用され、その他は洲崎海岸や桜島桟橋付近の埋め立てに利用されました。

下水溝には、倒れた建物の瓦礫などが落ち込んでいて、雨が降ると雨水が辺りに流れ出すといった有様でした。
下水溝の瓦礫処理も直営・請負による作業で清掃したほか、町内会において市民の動員を求めて作業に当たったそうです。

【 私有地の瓦礫除去など 】
私有地をみると、瓦礫の除去や清掃作業は一向に、はかどっていませんでした。
そこで鹿児島市は、焼け跡整理協議会を組織して、「戦災都市の復興は焼け跡の美化から」と呼びかけました。

昭和20年12月末、焼け跡整理協議会で「今後は町内会長を通じ、期限付きで整理を促し、もし実行しない場合は町内会で処理すること」を決定しました。
さらに廃墟は所有者で処置することを勧め、処置しない場合は他の人に分譲するほか、所有権の関係についても促進するという、強い実行力を発揮しました。

昭和21年2月13日、焼け跡地の焼石材や焼けた樹木、焼けた金属などの罹災物は、「戦時罹災土地物件令」第18条の指定を受けることになりました。
そうして、焼けた石材や樹木、金属などは国庫に入ることになりました。

石垣や石塀が多かった鹿児島市街地では、これらの石を整理して側溝用に使われました。
清掃事業は、昭和22年度まで続けられました。

■ 金属回収
昭和21年度には、土地区画整理事業の一環として罹災地に散乱した金属類を回収を始めました。
鹿児島市では、事業費を計上して261.96トンの鉄鋼類や鉛管類を回収しました。
回収した金属類は、樋之口町にあった井上藤蔵商店へ売却されました。
これによって得た収入は、戦災復興の一部に充てられたそうです。

その後も、金属回収は市民たちにとって小口現金を稼ぐための手段になっていました。
4年後の昭和25年6月、朝鮮戦争が勃発すると在日米軍は大量の軍需物資を日本に発注しました。
とくに、鉄の製造に鉄くずは欠かすことができず、銅や鉛なども含めた「金へん景気」が発生しました。

良い鉄でキロ6,7円で買い取られ、20キロもとれば運転手の日当分はあったそうです。
当時、鉄くずはいい稼ぎになったようです。

【 金へん景気にまつわる事件簿 】
昭和26年2月、旧大根占町では機関砲弾が盗まれる
同年3月、鹿児島市で中学生8人からなる金へん泥棒を検挙。
同年4月には、旧知覧町で消防ホースの継ぎ金具まで盗られました。
金へん景気の被害は、国鉄の信号用電線や警察電話線にも及びました。

このとき、世間を騒がさせた事件がありました。
鹿児島市城山に建つ、西郷隆盛の銅像が被害を受けたことでした。
西郷さんの銅像には、長さ7.2メートルの青銅製の軍刀が差してありましたが、それが半分切られていたのでした。
切られた部分は、地金商に売られていました。

少年3人が窃盗で捕まり、鹿児島市警留置場送りとなりました。
留置場では先輩泥棒から、「バチ当りが!」と言われたうえ、殴られたそうです。

その後、金へん景気は朝鮮戦争が終息すると、潮が引いたように終わってしまいました。





posted by ぶらかご.com at 22:53| Comment(0) | 戦後の鹿児島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

ルース台風

■ 台風の進路と規模
戦後の自然災害のなかで、ルース台風がもたらした被害は大きく、戦災復興事業にも甚大な影響を与えました。

昭和26年10月8日、グアム島南方洋上で発生した台風は、西北西に進んでいました。
台風はしだいに発達し、12日になるとルソン島沖で北東に向かい始めました。
台風の中心気圧は924ヘクトパスカル、非常に強い大型台風に成長。
14日午後7時頃、串木野市付近に上陸しました。

上陸後は時速80キロの早い速度で九州を縦断、山口県・島根県を経て日本海に出、北陸・東北地方を通って15日夕方には三陸沖に進みました。
この台風は勢力が強く、暴風半径も非常に広かったため、全国各地で暴風が吹き荒れました。九州、四国、中国地方の一部では大雨となり、山口県では土砂災害や河川の氾濫が相次ぎ、400名を超える死者・行方不明者が出てしまいました。

鹿児島県の雨量は100ミリ前後でしたが、大隅半島中部では300ミリを超えたところもありました。
この台風は、強風と高潮が鹿児島に甚大な被害をもたらしました。

■ ルース台風の被害
昭和26年10月14日は月齢14で大潮、薩摩半島の満潮は午後6時から7時でした。
ルース台風の接近は、ちょうど大潮の満潮時と重なったため、異常な高潮が発生したのでした。
鹿児島市、枕崎市、串木野市、野間池では高潮被害が甚大でした。

『鹿児島県史』によると、被害状況は次のとおりでした。
死者行方不明201人、重軽傷者2,566人、家畜の斃死952頭。
住家の浸水31,805戸、全半壊45,657戸、流出5706戸、公共建物215,838坪、堤防被害22,583メートル、橋梁26ヶ所、道路415ヶ所、がけ崩れ341ヶ所、港湾37ヶ所、漁港31ヶ所。
船舶沈没1,648隻、大小破2,925隻、水路545ヶ所、田畑冠水6,855町、流出・埋没726町。
農作物の被害は水稲566,075石、陸稲7万66石等で、被害総額332億1909万円余であった。

■ 鹿児島市の被害
鹿児島市の被害については、『鹿児島市政だより』1951年10月31日31に、被害状況図と写真が掲載されていますので、参考にしてみてください。
鹿児島市にあって、とくに被害の大きかったところは、旧塩屋町・郡元・下荒田でした。

kagosima4.jpg

【 被害状況 】
死傷者56人、浸水家屋15,070戸、全半壊家屋4,091戸、その他堤防や橋梁、道路、護岸、農作物などが被害を受け、被害総額75億8707万円にのぼりました。
鹿児島市は災害救助法の適用を受け、学校などの公共施設12ヶ所に10日間、延べ94,760人が収容されました。
また、私有施設に20日間、15,860人が収容され、急ぎ仮設住宅236戸が造られました。

『鹿児島市政だより』冒頭に、市長の書簡が掲載されています。
鹿児島市は6年前の6月17日其他の爆撃によって、一望の焼野が原となりました。
それから6年、廃墟の中に立ち上がって敗戦に伴う、あらゆる悪条件と戦いながら困難な復興をなしとげてまいりました今日、再び此度の台風によりまして過去の戦災にも比すべき大きな打撃を蒙りました。

【 ルース台風被害状況図 】
被害状況図をみると、磯の海岸線から脇田の辺りまで床下・床上浸水の被害を受けています。
驚くことに、下荒田の辺りから新川、脇田の床上・床下浸水が市電のところまで及んでいます。
市電を越えた辺りは、床下浸水の被害を受けており、高潮がかなり内陸まで及んでいます。
上町に目を向ければ、稲荷川河口から柳町周辺は床下浸水を受けたことがわかります。

現在の海岸線は埋め立てが進み、当時にくらべると海が遠くなりました。
もし、防災施設が破壊されたならば、密集化の進んだ現在、はるかに大きな被害を受けるかもしれません。
高潮が海岸線から奥深くまで押し寄せたという事実は、知っておく必要があるかもしれません。

■ 各地の被害【 鹿児島市 】
その日の午後七時頃、鹿児島市新川沿いに住んでいた人が、押し寄せる高潮と重なって海面が4メートルも膨れ上がった様子を見た人があったそうです。
当時、真砂地区の人たちは、ちょうど夕食を摂っていたところでした。
気が付くと、畳に水が入ってきて、むっくり持ち上がり、高潮に気づいたそうです。
急いで外に飛び出すと、周囲は腰までつかるほどの海になっていました。
電車通りに向かって泳ぐように逃げたそうです。

郡元町にあった2000戸の住宅は、400戸が倒壊したり、流出しました。
また、南小付近にあった鉄道官舎一帯は海水で胸まで浸かったそうです。
騎射場電停辺りには、無人の舟が漂っていました。

高潮は海岸寄りの郡元、下荒田、鴨池、天保山、旧塩屋町、旧洲崎町一帯の住宅をほとんど全滅させてしまいました。
中央市場や市役所前の名山掘一帯は、船でなければ通れなかったそうです。

【 枕崎市・旧笠沙町 】
枕崎市では瞬間風速最大70メートルを超える強風と高潮によって、海岸一帯600戸が流されてしまいました。
100トン近くもある漁船が、水揚げ場の屋根を乗り越えるほどでした。
その周辺では、家屋と漁船が積み重なり、その下で29人が圧死していました。
このとき、港内では高潮が2.7メートルにも達していたそうです。

旧笠沙町野間池では、7メートルを超す津波となったといわれています。
トンボロ(陸繋島)の付け根に当たる苙元集落では、後浜から港に抜けた高波に17人がさらわれ、家屋85戸が流されてしまったそうです。
その他、指宿市や旧喜入町でも大きな被害を被っていますが、今回は一部の地域に限って触れてみました。

東日本大震災以後、鹿児島県でも津波対策が声高に叫ばれていますが、それは地震にともなうものばかりです。
地震に関する伝承や史実が少ない鹿児島にあって、台風と高潮に関する備えも必要かもしれません。

posted by ぶらかご.com at 20:43| Comment(0) | 戦後の鹿児島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

昭和20年10月10日の阿久根台風

枕崎台風の被害を受けてからひと月も経たぬ、昭和20年10月10日、出水郡阿久根町(現阿久根市)に台風が上陸しました。
台風自体の規模や勢力は大きなものではありませんでしたが、枕崎台風とほぼ同じ経路を通って通過したため被害が大きなものとなってしまいました。

■ 阿久根台風の進路と規模
昭和20年10月4日、サイパン島の東海上で発生し北西に進んでいた台風第20号。
10月9日、沖縄本島の東で停滞していました。
しだいに発達しながら進路を北寄りに変えると、10月10日14時、鹿児島県阿久根市付近に上陸しました。
台風は、北東に進み周防灘から中国地方を通り日本海に出、能登半島付近を通って津軽海峡の西海上で消滅しました。

台風の中心から300キロ以内は暴風雨となり、中心地点は鹿児島市と阿久根のほぼ中間と推定されました。
鹿児島県での瞬間最大風速33メートル、平均風速27メートル、最低気圧977.3ヘクトパスカルでした。
10月8日午前6時〜11日午前6時までで221.5ミリもの雨が降りました。

阿久根台風は、枕崎台風にくらべると風速はかなり弱かったのですが、雨量が多かったため雨による被害が目立ちました。

台風接近前から降り出した前線の雨の影響もあり、九州から中部地方にかけての期間降水量は200〜300mmとなり、家屋の流失や浸水が多く発生。
特に兵庫県では200人を超える死者が出たそうです。


■ 阿久根台風の被害
鹿児島県では10月8日から11日まで大雨となり、多くの水害がでてしまいました。
死者32人、傷者54人、行方不明8人。
家屋全壊849棟、半壊782棟、床上浸水132戸、床下浸水60戸。

鹿児島市の被害は割合軽く、人身被害はありませんでした。
バラック全壊11、同半壊3、一部損壊9であったそうです。
ただ、農作物はかなり大きな被害をうけてしまいました。
敗戦の混乱と食料不足にあえいでいた市民たちは、度重なる台風を呪うしか術がありませんでした。

それから6年後の昭和26年、ルース台風が鹿児島に到来します。
この台風では高潮も伴い、鹿児島県内で死者・行方不明者209人、4万戸を超す住宅が全半壊・流出するという甚大な被害をもたらすことになります。
posted by ぶらかご.com at 21:34| Comment(0) | 戦後の鹿児島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする