2014年05月15日

ヤミ市にまつわる話

■ 判事とヤミ屋
昭和20年10月30日、鹿屋区裁で食管法違反事件の判決公判が行われました。
裁判長が判決文を読み終わり、判決理由に移ったときのこと。
被告席から、「ヤミをして何が悪いか。お前はヤミ米を買ったことがないのか。いま世間でヤミをしないやつがどこにいる!」という叫び声がしました。

被告は肝属郡串良町細山田の出身。
人々が血眼になって食べ物を探している頃、農家からサツマイモ一俵を600CCの無水アルコールと引き換えに集めていました。
集めたサツマイモを焼酎密造業者や澱粉業者に流していたところを御用となり、裁判を受けていたのでした。

被告は刑務所の中で、出所してからのことを考えました。
「あの判事め、毎日家の前に座り込んで、奴がヤミ米を買うところ押さえてやる。裁判ではえらそうな口をききやがって」
昭和22年6月、出所すると鹿屋に移り住み、毎日判事宅の近くをうろついていました。
浮浪者を装って家の様子をうかがい、家族や客の出入りには全神経をとがらせていたのでした。
判事の隣近所で聞き込みをしたところ、以前判事の家族がヤミ米を買ったことをつかんでいました。

張り込みは半年つづいていました。
昭和23年1月になると、判事の姿を見かけなくなりました。
2月末ごろ、判事の家に人が集まっていたため、さりげなく聞いてみました。
「ご主人が亡くなられたのです。栄養失調だったそうです。」

被告は判事の家族と面会して、「ご主人の誠実な人柄に心を打たれました。自分は浅薄な人間でした」と詫びたそうです。
判事の墓に参りました。
被告は小銭ができると、判事の家族に見舞金を置いて行ったそうです。

■ 人気を呼んだ商売
1.古本屋

当時、ヤミ市では古本屋に集う人々もありました。
とくに売れ行きの良い本は、食糧関係の本でありました。
家庭園芸や増産の秘訣といった本が売れ筋で、次が映画雑誌であったそうです。
また、学生たちは社会科学の解説書などを買い求めたそうです。
戦後の日本に入ってきた民主主義について、知りたいといったことがあったようです。

戦前、5,6軒にすぎなかった古本屋、昭和21年10月には40軒を超えるほどであったそうです。
古本屋を出店した人々は、職にあぶれた引揚者などが多く、なけなしの金をはたいてのものであったそうです。
古本の出どころは教員や官吏で、金が尽きると本を売って食いつなぐという人々もありました。

2.古物屋
古本屋に次いで増えた商売が、古物屋でした。
終戦後初めて古物屋が現れたのは、昭和21年2月、4軒に過ぎませんでした。
同年4月になると14軒、6月48軒、8月100軒と急増。
10月になると、古物商人は472人にも達していたそうです。

昭和21年10月、開業許可を願い出る者が多い日で30人、少ない日でも5,6人あり、「古物商全盛時代の観がありました。
しかし、これらの人々のなかには、食うに困って家財道具を売り払おうとする者や盗んだものを売りに来る人もあったそうです。

当時、鹿児島駅前から朝日通り一帯の電車通りの両側には、古着屋がならんでいました。
派手な女物の着物や擦り切れた背広、色あせた外套などが掛けられていました。
若い女性向けの着物の売れ行きがずば抜けてよく、それも派手なものほど良かったそうです。
戦時中、押さえつけられていた欲求が、終戦とともに解放されたことが原因であったようです。

■ 治安の悪さ
終戦直後の混迷の時代、多くの犯罪が生まれてしまいました。
犯罪件数は昭和20年8月に96件であったものが、10月には295件、12月653件でありました。
翌年になっても増加の一途をたどり、昭和21年6月には1493件に跳ねあがりました。
食糧や衣料品の窃盗が主なものであったようです。

戦前とくらべ検挙率は明らかに下がっていました。
当時の鹿児島新聞によると、検挙率低下を警察側では人員や通信の不備をあげ、最大の悩みは食料にあるとしています。
「食わずには、刑事も働けない」といった状況にあったようです。
posted by ぶらかご.com at 23:30| Comment(0) | 戦後の鹿児島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。