2014年05月22日

外地引揚者

■ 南方からの引揚者
昭和20年10月15日、GHQは鹿児島を南方地域の引揚げ基地に指定しました。
南大東島からの帰還兵287人を乗せた第一船は、10月29日、加治木に入港しました。
別府川の岸壁埠頭から上陸、加治木療養所の引揚民事務所へと移りました。
上陸した兵たちは、いずれもやせ衰えフラフラした足取り。
食糧補給路を断たれた戦地で、木の実やトカゲ類を常食としていたのでした。

第二船は10月30日午後。フィリピン・マニラの一般邦人150人。
第三船は31日、マニラの一般邦人299人が相次いで上陸しました。
上陸した人々の大半がマラリアに罹っており、重傷者は病院へ直行されました。
また、上陸した人のなかには両親を失った孤児や遺骨を抱いた婦人もありました。

岸壁では連合国側の調査や検疫が行われ、所持していた現地軍票は、海運局職員の手で没収され一時援護金が手渡されました。
そして、DDTという薬品で全身の消毒が行われました。

■ 中国からの引揚者
中国大陸からの引揚第一陣は、昭和20年11月17日のことでした。
イギリスの貨物船で軍人・一般邦人合わせて695人が、加治木へ上陸しました。
船から降りた人々の服装は、コートや新しい革靴姿。
マニラ方面の引揚者とは、比べものにならないほど恵まれた服装をしていました。

加治木には、連日のように引揚船が入港しました。
昭和22年末には鹿児島港へと移り、加治木港は外地引揚という役割を終えたのでした。

昭和22年1月末、援護局閉鎖までに鹿児島へ上陸した外地引揚者は、36万924人。
中国大陸からの引揚者18万3千余人、台湾10万4千余人、タイ1万5千余人、フィリピン1万2千余人など南方からの人々が大半でありました。
輸送に当たった船舶は、495隻(日本船468隻・外国船27隻)であったそうです。

■ 鹿児島港への引揚者
鹿児島港への第一陣は、昭和22年12月15日朝、青島(チンタオ)からの一般邦人2200余人でありました。
米軍上陸用舟艇LST3隻が、第一桟橋に船首をつけました。
左右に開いたステップから、引揚者たちは鹿児島に上陸しました。
米軍のピストン輸送を目の当たりにした関係者たちは、能率的な行動に目を見張ったそうです。
ここでも、米軍の力を思い知らされたのでした。

■ 外地引揚者の受け入れ
昭和22年11月、鹿児島港は、浦賀・舞鶴・呉・下関・博多・佐世保と共に厚生省直属の引揚援護局の設置を命じられました。
毎日7000人ずつ、およそ200万人の受け入れ準備せよとの命令でした。
当時の竜野知事指揮のもと、宿舎・食料・医療・輸送の準備に当たりました。
海軍航空隊跡、旧十八部隊、農業専門学校、玉江、武、田上の国民学校など17か所が宿舎に指定されました。
爆風で吹き飛ばされた屋根や窓を補修して、1万5千人を収容できる体制を整えました。

医療施設に関しては、毎日7000人が上陸すると想定。
加治木での例からして、一日210人の患者が平均2週間入院すると予想しました。
桟橋近くにバラック建ての収容所を新設、旧河頭分院、医専附属病院、三船療養所など陸軍病院12ヶ所に2900ベッドを確保しました。

医者は軍医や開業医を100人ほど集め、広く公募した看護婦約280人を配置しました。
それでも患者を対処できず、県立医専から大量の応援を求めるほどであったそうです。

■ 自活を模索する引揚者たち
県下の引揚者たちは、自活の道を模索していました。
そうして、鹿児島市には引揚者だけで作った2つの市場が誕生しました。
高見馬場厚生市場、騎射場市場の2つ。
昭和21年春の誕生当時は、いずれも70世帯以上もあったそうです。

ガレキの原に、焼け残りの古板を立て掛けたバラック、間口一間(1.8メートル)。
荒ムシロ2,3枚を並べただけの店が並んでいました。
ふかしたイモやイモダンゴを並べた食料品店や、古着屋が大半であったそうです。

見せを開く者や開拓団として山奥へと行く者など、自活の道を探る人たちがあるなか、行先の無い引揚者たちもいました。
彼らは鹿児島駅前から海岸通り一帯に集まっていきました。
その一帯は、引揚者だけでなく第三国人も大量に入り込み、秩序を持たないカオスの状態にありました。
悪質なヤミ市や街頭トバク、夜の女が横行し、倉庫荒らしや暴行事件が頻発していました。
警官でさえ、ひとり歩きは危険な一帯となっていたのでした。

警察は柔道の有段者5人を常駐させ、派出所に段数を大書した紙を貼り付けて、牽制したそうです。
posted by ぶらかご.com at 23:27| Comment(0) | 戦後の鹿児島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。