2014年05月29日

食糧増産と開拓事業

■ 開 拓
戦後の混乱期、日本国じゅうが深刻な食糧難に陥っていました。
昭和20年11月9日、政府は閣議で「緊急開拓事業実施要項」を決定しました。
食糧増産、離職者・復員者の就労確保を目的とするもので、直ちに鹿児島県でも実施されることになりました。
鹿児島市吉野、鴨池、出水、知覧などの旧軍用地や飛行場のあった九つの地区を開放して、第一次開拓に着手しました。

『鹿児島市戦災復興誌』に、鴨池飛行場周辺を撮影した写真が掲載されています。
格納庫と掩体壕がいくつか建ち、周辺は広大な畑になっています。

昭和21年3月には、県に開拓第一課が誕生し、1万世帯が入植しました。
3万ヘクタール開拓を目標に、本格的な開拓事業が始められました。
その後、鹿児島県下では約170地区が開拓され、3500世帯(1万4千人)が入植したそうです。

■ イノシシとの戦い
北薩では上場高原に約400世帯が入植、彼らのほとんどが指宿・日置・大隅地方の出身者で、外地からの引揚者と復員軍人が大部分を占めていました。
妻帯者は、ごく少数であったそうです。

開拓者をもっとも困らせたのは、イノシシであったそうです。
朝となく夜となく、イノシシは監視の目をくぐっては耕地を襲いました。
ひと晩で1ヘクタールのサツマイモが全滅したこともありました。
イノシシを仕留めようにも銃がない。
犬ですら戦中戦後の食糧不足で処分され、ほとんどいないといった状況でありました。

昭和23年になるとGHQの指令によって、未開墾地所属変更が行われました。
大口営林署でも管内国有林のうち2300ヘクタールを入植者に払下げ。
そして竹屋敷、日東、豊原、五女木、新拓など24の地区で本格的な開拓営農が始まりました。

このうち五女木に入植した人たちが持っていた財産といえば、県から支給されていた農具一式と一頭の子牛だけであったそうです。
血と汗の努力の結果、昭和24年ごろから生活が安定し始めました。
故郷から妻を呼ぶもの、結婚するものが相次いだそうです。

昭和25年になると、政府から住宅補助として5万円が支給されました。
昭和28年には8万円に増額、電灯がともる地区も現れ始めました。
さらに家畜導入や製茶、養蚕などの特産物には補助金が与えられ、融資制度も生まれていました。
この頃、開拓者の団結と相互繁栄のために、大口市協同組合が発足しました。

■ 軍需景気の波
昭和25年に始まった朝鮮戦争による軍需景気の波は、大口の山中にも押し寄せ、生活水準が急上昇していきました。
開拓者たちは、就職先を見つけると次々に開拓地を下りていくようになりました。
補助金や融資をもらったまま、開拓地を去っていく人たちも少なかったそうです。
posted by ぶらかご.com at 23:15| Comment(0) | 戦後の鹿児島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。