2014年09月30日

実方太鼓橋と五石橋

■ 実方太鼓橋
平成5年6月25日付南日本新聞5面に、「実方太鼓橋は大丈夫なのか」と題する投書が掲載されていました。
送り主は郷土史家の方で、実方太鼓橋の文化的価値を見出していたからこその投書であったと思われます。

「先日、実方太鼓橋近くに住む老人から電話があった。
実方太鼓橋のすぐ近くの右岸に団地が造成されることになり、近々工事が始まるということを工事担当の会社からの挨拶で知らされたらしい。
すぐ市役所・県庁を訪れ、不安を訴えたが、どちらも“うちじゃない”と言ってたらい回しにされ、鹿児島土木事務所の開発指導課にたどりついたとのこと。

お役所仕事の机上計算で開発許可が出されていたようであり、また無責任な対応だったので、相談に乗り力を貸してほしいとのことだった。
生まれてから七十数年、実方太鼓橋の傍で暮らしてこられた古老の経験にもとづく直観的な不安を聞いて、これは一大事だと思った。
文化財保護行政は、またしても後手を引いた形になった。鹿児島県最古の石橋の保存とd木川の治水の万全を関係当局にお願いしたい。
しばらくは推移を見守り、誠意のないときはとことんまでキャンペーンを展開することにしよう。」

この郷土史家の危惧は、8月6日の水害によって現実のものとなってしまいました。

●8月8日付南日本新聞21面「県内最古、市民散策の場 実方太鼓橋流出
「鹿児島市の稲荷川に架かり、同市の文化財にも指定されている県内の石橋で最も古いといわれる同市坂元町と吉野町を結ぶ“実方太鼓橋”が6日夜の集中豪雨による激流で流され、跡形もなく消失した。
同橋は日本最初のめがね橋で知られる長崎市の眼鏡橋(1634年建造)と同時代の寛永年間(1624〜1643)に架けられたといわれる。

アーチの直径は約7.3m、幅員は約3.8m。
当時は鹿児島城下と重富方面を結ぶ重要な道路に架けられた橋だった。今では史跡としてだけでなく、市民の散策の場になっていた。
橋のたもとに住む堀之内豊さんは、“6日午後7時半頃、自宅1階の屋根に届く激流に洗われ、あっという間になくなってしまった。由緒ある橋を惜しいことをした”と残念がっていた。」

長崎の眼鏡橋は昭和35年に重要文化財に指定され、その後の大洪水で流失してしまいました。しかし、市民の力によって見事に復元されたそうです。
実方太鼓橋の方は、甲突五石橋より見劣りしたためか、復元するという話は盛り上がらなかったようです。
鹿児島の場合も、他県のように古いものへの対応を考え直さないといけないかもしれません。

■ 甲突川五石橋と八・六水害
甲突川には五つの石橋が架かり、世が平成となっても、車や人が日常的に使っていました。
平成5年8月6日の水害によって、武之橋と新上橋は流出してしまいました。

『かごしま20世紀山河をこえて 下巻』に、武之橋流出の状況が掲載されています。

「鹿児島市の甲突川。下流に架かる石橋・武之橋に濁流が押し寄せる。水位は3mほどに上昇。ドッスン、ドッスンと不気味な音を立てて流木やドラム缶が橋脚にぶつかる。
そのたびに水位計の監視と水量の現状把握のために橋上にいた八幡消防分団長の石原克己の足元が揺れる。危険を察知した石原は、市電の通る大橋に急いで移動した。

大橋から注視すると、橋の石組みの継ぎ目から泥水が噴出している。はじめて見る光景だ。その直後、橋の中央部のアーチが1mほど膨らんだかと思うと、石組みが崩れ、石がバラバラになって空中に噴出した。“それはまるで機銃掃射のような音を立てて落ち、濁流にのまれていった」

平成5年8月6日、午後8時11分のことであったそうです。まもなく、新上橋も崩壊。
五石橋は、玉江橋・西田橋・高麗橋の3つになっていました。

■ 石橋撤去
当時、石橋撤去を望む市民のインタビューに、「石橋があったから川が氾濫した」と言っていたかと思います。
かなりの違和感を持って、そのニュースを見ていたことを覚えています。

さて、石橋の撤去・保存という問題は、昭和40年代後半あたりから大きく論議されるようになっていたそうです。都市政策や治水対策からすれば、文化的価値を有する石橋の存在は、頭痛の種でありました。
しかし八・六水害後、県が出した石橋撤去という方針は、異例ともいうべき早さであったそうです。
当時の様子が、『かごしま20世紀山河をこえて 下巻』に詳しく書かれています。

「災害二日後の記者会見で、土屋佳照県知事は、五石橋の移設を前提にした激特(河川激甚災害対策特別緊急事業)による河川改修の方針を示唆する。街中でまだ災害復旧作業で大混乱している最中の早業だ。県議会の連合審査も激特導入の県方針を了承、鹿児島市も県に追随する。

今度の災害で甲突川の流下能力は毎秒300トンなのに、700トンの水が押し寄せ、氾濫した。川床を2m掘り下げて700トンの流量にも耐えるように、5年間の激特(約268億円)で河川改修する。そのため石橋撤去はやむなし。というのが県の考え。激特は2週間以内に申請しなければならなかった。」

これを知った現地保存を望む人々は、「災害発生のメカニズムや甲突川の流量調査もはっきりさせぬうちに、石橋の取り扱いを口にするのは不謹慎」として一斉に反発しました。

県の担当者の弁
「甲突川の問題は災害以前から色々検討を重ねていた。例えば、上流の花野口から吉野町花倉までの約7qで毎秒300トンを流す放水路も検討した。これだと約500億円。完成までに30年もかかる。今回は災害復旧の緊急事態、同じ災害を二度と繰り返さないために、一刻も早く復旧を終えねばならない。石橋は貴重な文化財と理解しているが、現地保存すれば今後、残った石橋が流出する恐れもある。移設して保存するのも文化財保護の一つの選択だ。なにしろ時間とカネがない。激特を導入せざるを得なかった。」

■ 県民投票要求も否決
県の移設方針によって、鹿児島市は平成6年4月15日、玉江橋の撤去を開始しました。
撤去は5月18日に完了。
市民グループは、「高麗橋の撤去前に、その是非を市民投票で決めよう」と、市民投票条例制定要求の署名運動を始めました。

平成7年1月13日には、高麗橋解体は始められていましたが、市民の関心は高く、法定有効数の3倍、24000人の署名を集め、平成7年3月本請求を起こしました。
しかし、市議会で否決。

市民グループの人たちは、西田橋を残そうと動き始めました。
治水と石橋県民投票の会が、西田橋県民条例制定の署名運動を開始、最終的に44000人の署名を集めることができたのでした。
平成7年10月20日、西田橋県民投票条例を本請求しましたが、翌月10日の県議会であっけなく否決されてしまいました。

平成8年2月21日西田橋の解体は始まり、翌年1月10日に作業は終了しました。
解体された西田橋・高麗橋・玉江橋は、旧営林署跡地と祇園之洲に復元されることになりました。
平成12年、石橋記念館とともに石橋記念公園として一般公開されることになったのでした。

甲突川五石橋撤去については『かごしま20世紀 山河こえて 下巻』に記載されています。詳しく知りたい方は、ご覧になってみてください。
posted by ぶらかご.com at 23:44| Comment(0) | 鹿児島の災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

平成5年8月6日の水害

「八・六水害」、筆者は直接的な被害を受けなかったためか、それともボーッとしていたためかよく覚えておりません。当時、筆者は坂之上に住んでおり、断水や停電といった被害はなく普段通りの生活を送っていた気がします。
ただ、MBCラジオからは、安否情報が流れていたことをおぼえています。
今回、水害に関する記事を探すにあたって、当時の新聞を図書館でめくってみました。
新聞は、かなり変色しており、災害からの年月を改めて思い知らされてしまいました。

天気概況
九州南部に停滞した前線に南から暖かい湿った空気が流れ込み、厚さ10km以上の雲が次々に鹿児島地方を覆っていました。
8月5日夜から降り続いた雨は、6日未明から激しいものとなりました。
6日午前中は北薩地方を中心に1時間50oを超す激しい雨が降り続きました。
午後になると、雨足はいちだんと強くなり旧郡山町では19時までの1時間に99.5oの記録的な雨量を観測していました。

各地の降水量は次の通り。PDFをクリックしてご覧ください。
H5augkousui.pdf

鹿児島市や近郊では、「100年に1度の大雨」と呼ばれるほどの局地的な豪雨となりました。
豪雨のため、河川の氾濫による冠水やガケ崩れが多発してしまいました。
このときの雨量、8月5日12時から7日6時までで旧川内市の376oを最高に宮之城と東市来で300oを超え、鹿児島市でも269oを記録しています。
また、鹿児島市では6日17時から19時の2時間で109oという局地的な集中豪雨もきろくしました。

■ 被害状況
鹿児島市を襲った豪雨によって、甲突川・稲荷川・新川といった3本の河川が氾濫し、天文から西鹿児島駅周辺など広い範囲が浸水しました。
甲突川と並走する国道3号線は、濁流の流れる川となり、新上橋と武之橋が流出してしまいました。
また、県内最古の石橋といわれた実方太鼓橋も流出しました。

6日夜、鹿児島市内では1万1千戸余りが浸水、市民4千人余りが58ヶ所に設置された避難所へ避難したそうです。

この豪雨で、ガケ崩れが各地で多発しました。
とくに鹿児島市の竜ヶ水では4kmの区間で22か所ものガケ崩れが発生。
JR竜ヶ水駅に避難していた上下2本の列車と国道10号線を通行中の車両約1,200台、地区住民が完全に孤立してしまいました。
鹿児島県災害対策本部では船舶による救出を要請、2500名以上を海上から救出しました。
これまでの災害で、海上から孤立者救出ということはわが国でも他に例のないことであったそうです。

八・六水害での死者は48人、行方不明1人、重傷者12人、軽傷者52人。全壊住家298棟、半壊住家193棟、床上浸水9378棟、床下浸水2754棟などでした。
八・六水害に関する本のなかで、『手記’93風水害の中で (かごしま文庫 (18))』には多くの体験談が掲載されていますので参考にしてみてください。
また、「かごしま市民の広場」や『かごしま戦後50年―写真と年表でつづる』にも被災地の写真が掲載されています。

■ さまざまな問題点
8月8日付南日本新聞3面に、「100年に1度の多雨が下地 警報の出し方に課題」と題する記事が掲載されています。

「記録的被害となった8・6豪雨。8・1豪雨の傷が生々しい鹿児島県に強烈なダメージだ。長雨後の局地的な集中豪雨が鹿児島県の災害パターンだが、今回もまさしくそれ。
しかも7月の月間雨量は92年ぶりに観測史上最多で、災害の起きる条件は十分すぎるほどだった。

実は7月の月間雨量は1054.5oを記録していた。1901(明治34)年7月の記録980.5oを塗り替えただけでなく、同気象台の月間雨量記録として最多だった1915(大正4)年6月の994oをも上回っていた。百年に一度と言ってもよい多雨だったのだ。
そこを6日午後4時過ぎから、猛烈な豪雨が襲った。同気象台では午後4〜5時に28o、5〜6時に50o、6時〜7時には59oに達した。
しかし同時間帯に日置郡郡山町役場では、それぞれ40、84、99.5oを観測した。
雨に対する最大級の警告「記録的短時間大雨情報」は、鹿児島では1時間85o以上の場合に出される。

郡山町役場の観測に従うなら、当然出されてもよい状況だった。しかし、同役場の観測は気象データとして正式に使えるものとはみなされないため、同気象台には伝わっていなかった。
県鹿児島工事事務所が八重山(入来町)に設置した自動観測器でも同時間帯にそれぞれ45、40、92oを記録していた。鹿児島市甲突川の氾濫は当然予想できる数値だったとも言える。
警報の出し方、気象情報の読み取り方、気象台と隣接市町村などのネットワークづくりに検討課題を投げかけていないか」

郡山町役場の雨量計のデータは正式なものではないとして、気象台に伝えられていなかった。この記事は縦割り行政のなせるものかもしれません。
おそらく、現在では気象台と市町村のネットワークは整備されているのではないかとおもわれます。この水害で、多くのものを学んだはずですから。

■ 南日本新聞「風向計」という記事
8月9日付南日本新聞に、「風向計」というコラムが掲載されています。
記事を書いた記者は、怒りを込めて書いているようです。

「長雨に加え、ケタ外れの集中豪雨が相次ぎ、鹿児島は大変な被害を被った。桜島大噴火や大空襲の経験はあるが、水害でこんな惨状は記憶にない。
南九州は毎年のように梅雨末期あたりで集中豪雨に見舞われ、「犠牲者が出ないとツユは明けない」と言われてきた。災害は水にもろいシラス地帯、台風・豪雨をもろに受ける南九州という風土の宿命だというような言い方もよく聞く。
そんな言説で、年々繰り返して起こる自然災害を受容し、その傷の痛みをいやしてきたきらいがあった。

しかし、今夏の大水害はそんな曖昧な災害観を吹き飛ばしてしまった。
むろんエルニーニョ現象の影響かという長雨、戻り梅雨、冷夏など平年とは予想を超えたものであり、異常だったといえるかもしれない。
しかし、不可抗力の自然災害と割り切るだけでは、死者たちは浮かばれまい。

危険なガケ下に相当数の住家のあるところは、鹿児島県が長たらしい名称で2800ヶ所ほど指定して、それなりの防災工事を進めている。花倉・竜ヶ水もむろん指定されているし、避難対策もとられているはずである。
初めてのガケ崩れなら弁明の余地もあるだろうが、同じ災害を再三繰り返しては人災というほかない。

甲突川の氾濫も現代の都市構造の弱点として、何度も論議され、検討されてきたことである。周辺山地の住宅団地化で保水力が落ち、ちょっとの降水でも急に川の水位が上がることは20年前から問題になっており、市街地にあふれた水は行き場がないと池と化すことは分かっていた。
百年に一度の豪雨と言うが、環境が激変した鹿児島市は10年に1度の雨にも危うくなっている。
古代中国の歴史をひもとくまでもなく、昔から治水は政治の別名みたいに重んじられてきた。水をコントロールできない為政者は失格だったのである。
人と水との関係、依存度といった変化はあるにしろ、今回のような大水害に遭うと、幕府の薩摩藩つぶしということを括弧に入れたうえでの“木曽川の治水”の現代版が必要だろう」

平成5年の長雨は農業にも深刻な影響を与え、野菜の価格がじわじわ上がり続けていました。
また、これまでの豪雨による土砂災害や冠水によって、水道が使えず、流通も滞るような状態に陥る地域もあったようです。
次回まで、八・六水害について触れてみます。

■ 8月8日付南日本新聞・南風録
「人の不幸をあざ笑うかのように、昨日は青空がのぞいた。見慣れた国道3号・10号の沿線風景や町の様子が、まるで別の場所のようだ。」
晴れ間を見ることのなかった鹿児島市、水害の翌日は嫌味なほどの晴天であったようです。
posted by ぶらかご.com at 23:58| Comment(0) | 鹿児島の災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

平成5年7月31日から8月2日の大雨

天気概況
7月31日、九州南部は太平洋高気圧周辺に当たっていました。そこに暖かく湿った空気が流れ込み、大気はとても不安定な状態になっていました。
そうして、31日未明から1時間降水量30〜50oの局地的な大雨が降りました。
雨は宵の内に小康状態となりましたが、8月1日朝には黄海から九州中部へ梅雨前線が伸びていました。
夜にかけて前線は停滞し、活動が活発となりました。
九州上空に停滞した前線に、南から暖かく湿った空気が入り込み、次々に厚い雨雲をつくったことで大雨となったようです。

8月1日未明から再び雨が強まり、午前5時から8時にかけて宮之城や入来峠、溝辺で1時間当たり50oを超す大雨を観測。
その後、県中部や県北部を中心に局地的な大雨は降り続き、夕方から夜にかけてさらに激しいものになりました。
とくに溝辺では17時40分までの1時間に104oの記録的な激しい雨を観測しました。
7月31日〜8月2日にかけての総降水量は200〜400o、多い所では溝辺の645oを最高に、鹿屋で622o、吉ヶ別府で557oを観測しました。

7月の降水量は各地で記録を更新するほどでした。
鹿児島市の7月の月間降水量は1545oを記録、月間降水量としては観測史上第1位の記録で、大正4年の994.5oを78年ぶりに更新しました。
また、阿久根879o、枕崎979o、種子島530oなどでも、観測史上第一位を記録しています。

各地の被害の様子
7月31日から8月2日にかけて、姶良地域を中心に豪雨となり大きな被害がもたらされました。
姶良方面の梅雨期間中の総雨量は、蒲生町の矢止岳で1837o、溝辺で2123oと平年の3倍前後の記録的なものになっていました。
そこに集中豪雨が襲い掛かり、緩んでいた地盤は持ちこたえらなかったようです。

@ 旧姶良町
姶良町平松を流れる思川の護岸が豪雨でえぐられ、県道麓重富停車場線に架かる城瀬橋(長さ25m・幅7m)が折れ、コンクリート橋脚などが流されてしまいました。
また、川岸にあった建設機器メンテナンス会社の建物がずり落ち、横倒しとなりました。
同じく姶良町の九州自動車道上り、桜島サービスエリアの裏山が1日夜から2日明け方にかけて断続的に崩壊。大量の土砂や立木が鉄筋コンクリートの建物に襲い掛かりました。
建物は崩壊し、駐車スペースも一面土砂の海となってしまいました。
山崩れは、高さ約70m・幅200mに及んだそうです。
『写真と年表でつづる かごしま戦後50年』に写真が掲載されていますので、参考にしてみてください。

A 孤立した鹿児島空港
大雨によって、各地でガケ崩れや道路の崩落が発生したため交通網のほとんどが寸断されてしまいました。
被災地は孤立状態におかれ、電話ケーブルが切断され市民生活に大きな影響をおよぼしました。まだ携帯電話が普及する前のことで、ポケットベルの時代でした。
とくに姶良・国分地区は道路冠水や土砂崩れによって通行不能となり、鹿児島空港では700人がビル内で一夜を明かしたそうです。

B 旧栗野・吉松町
栗野町の商店街一帯は水浸しとなり、91戸が床上浸水・約200戸が床下浸水の被害を受けました。水の高さは最高で、大人の胸の高さにまで達したそうです。
水が引き始めたのは、2日午前7時頃のことであったそうです。
吉松町を流れる桶寄川が氾濫、中津川地区や河添地区で16戸が床上浸水・71戸が床下浸水の被害を受けました。役場付近では、駐車中の車が流され、看板が倒れるなどで辺り一帯は泥だらけであったそうです。

C 旧薩摩町求名の鉄砲水
薩摩町求名では、高さ20m・幅20mにわたって土砂が崩れ国道267号を塞いでしまいました。坂の上から大量の水が、鉄砲水がナイアガラの滝のように激しく流れだし、国道下にあった人家に襲い掛かりました。
陣かは6,7m下の水田まで押し流されたそうです。
この鉄砲水で一人が亡くなったそうです。

E 鹿児島市の様子
31日未明から降り続いた大雨被害は、午後になると各地でさらに広がりました。
鹿児島市では増水した新川で堤防が決壊、そこから上流部では側溝が逆流。
床上浸水4棟・床下浸水109棟もの被害が発生しています。

■ 被害状況
この大雨によって死者23名、重傷者9名、住家全壊148棟、床上浸水1168棟、床下浸水4763棟などの被害が発生してしまいました。
死者は、旧吉田町で3人、旧姶良町1人、旧薩摩町1人、旧隼人町6人、旧霧島町1人、旧国分市7人であったそうです。

■ 南日本新聞社説より
1.8月3日付南日本新聞社説
この日の社説に、当時の天気の様子が記述されていました。
「梅雨に続いて台風5,6号が襲来した。それに追い打ちをかけたのが、八・一豪雨であった。今年の夏は強い太陽が照りつける日が少ない。梅雨入りいらい、雨の日が多く、しかも豪雨が何日もつづいた。日照時間は少ないうえ気温も低めに推移している。

梅雨明け直後の台風上陸が異例ならば、8月に入っての豪雨も珍しい。太平洋をはさんだ米国大陸でも大水害だ。いつもの夏の気象と違っているというのがみんなの実感だろう。
記録の面でもこれを裏付けている。鹿児島地方の7月の降水量は1000oを超えた。1915円の994.5oを破って気象台観測史上、最高の記録となった。」

2.8月3日付南日本新聞19面
『シラスのもろさ浮き彫り 防災工事には100年』と題した記事で、東日本大震災以降よく耳にする災害弱者に関する記述が出てきます。
記事には災害弱者という言葉は出てきません。
が、当時、すでに災害弱者のことを指摘している点は、記者の慧眼によるものと思われます。

「北姶良を中心に県内で同時多発的に発生した土砂崩れ災害は、県本土面積の半分を占める南九州特有のシラス台地のもろさを改めて浮き彫りにした。
シラス斜面の表層部分は地表を流れる水に弱いのが特徴。鹿児島大学農学部教授によると、1万年から数千年前に堆積、風化した火山灰層が乗った形で地盤が緩むと滑り落ちやすくなる。

県は土砂崩れ対策のひとつとして2800ヶ所を“急傾斜地崩壊危険個所”に指定。国庫補助に県単独事業を絡めて、危険度の高い場所から優先的に防災工事を進めている。今回被害に遭った国分名波、隼人町松永などの地域は同区域指定を受けていた。
ところが、指定箇所があまりにも多いため、県土木部の話では工事完了は年間20〜30ヶ所程度という。単純に計算すれば、全工事終了に約百年が必要だ。

先述の同教授によると、山の法面に排水用の防護壁を設置することで土砂崩れ防止は可能。だが都市部では宅地が不足しているため、郊外の危険地域に家を建てざるを得ない住宅事情が人的被害を大きくしていると指摘する。

一方、各市町で避難勧告が出されたが、過疎化に伴い独居のお年寄りや年配夫婦の家庭が増え、住み慣れたわが家から出たがらない。“消防団員が無理やり背負って連れ出したケースもあった”。シラス地域での避難の遅れは致命的だけに、高齢者の避難対策に課題を残した。」

■ 八・一豪雨 生活にも後遺症
豪雨による災害は、人々の生活に大きな影響を及ぼし始めていました。
各地の道路が寸断され配送が停滞、梅雨入り後の日照不足と大雨の影響で農作物も大きな被害を受けたため、価格の高騰を危惧するようになっていました。
もうひとつ心配なことが発生していました。ゴミのことです。
8月5日付南日本新聞23面に、「ゴミ収集ストップ」と題する記事が掲載されていました。

「国分市など1市8町 17万人困った 土砂、処理場も襲う。記録的な大雨に見舞われた国分・姶良地区では、2ヶ所のゴミ処理場が土砂崩れに巻き込まれて運転不能となり、鹿児島郡吉田町を含む1市8町の約17万人のゴミ処理ができない事態に陥っている。一部は天気の回復とともに悪臭もし始めており、衛生面への影響も心配される。」

その後、ゴミ問題はどうなったかと思う間もなく、八・六水害が鹿児島に襲い掛かってきました。
8月6日付南日本新聞23面に、「鹿児島地方に大雨警報」の記事が掲載し、注意を呼び掛けていました。

■ 鹿児島地方に大雨警報
九州南部地方は、6日夜にかけて雷を伴った強い雨が降る恐れがある。鹿児島地方気象台は5日午後10時過ぎ、鹿児島地方に大雨洪水警報を出した。災害への警戒を呼び掛けている。
同気象台によると、大陸には発達中の低気圧があり、九州南部附近に前線が延びている。
この前線に南から暖かい湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になっている。このため鹿児島地方は6日夜にかけて1時間50o以上の雷を伴った強い雨が降り、多い所では150から250oに達する見込み。
同気象台は、これまでの大雨で地盤が著しく緩み、がけ崩れ、河川のはんらん、浸水、土石流、突風など重大な災害の起きる恐れがあるという。
posted by ぶらかご.com at 23:28| Comment(0) | 鹿児島の災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする