2014年09月12日

昭和52年6月24日の災害

昭和52年6月15日から18日にかけて、県本土と熊毛地方で大雨となりました。
15日から18日にかけての雨量は次の通り。
鹿児島市213ミリ、竜ヶ水177ミリ、喜入290ミリ、志布志206ミリ、内之浦251ミリ、指宿221ミリ、溝辺237ミリ、輝北274ミリ、大隅町262ミリ、大口227ミリ、紫尾山273ミリ、宮之城226ミリ、川内244ミリなど。

梅雨前線は、18日〜19日になると奄美大島から沖縄付近に南下、20日には沖縄の南海上まで下がっていました。
19・20日の両日は、鹿児島本土での降雨はありませんでした。

21日、梅雨前線は再び北上しはじめ、大隅半島で雨が降り出し、22日は全般に雨となりました。
23日、前線は九州南岸に停滞、大隅半島で午前中に雨が降っただけで、曇ったり晴れ間を見せていました。
24日本土で降雨がありました、宮之城で50ミリが最高で、その他の地域は10ミリ〜30ミリ程度の心配するほどのないものでありました。

6月24日鹿児島市吉野町竜ヶ水
災害のあった竜ヶ水は、見上げるような高い崖になっています。
この急な崖は、およそ2万5千年前〜2万年前に活動した姶良火山のカルデラ壁にあたるそうです。

6月24日午前10時48分、鹿児島市吉野町竜ヶ水駅近くのシラス崖が、高さ約300mに亘って突然崩落。
重さ10トンを超す巨大な岩石混じりの土砂3万㎥が、山麓の人家と国鉄日豊本線と国道10号線上に崩落。
この崩落で9人が生き埋めで死亡、重傷1人、軽傷1人、住家13棟が全壊し、電気・電話回線などに被害が発生しました。
全員の遺体を発見するのに10日間を要し、土石に埋まった日豊線の復旧に1ヶ月かかり、危険回避と救出作業のため国道10号線も通行止めとなりました。

災害発生時、住民の証言が残されていました。今年広島で発生した土砂災害と似たところもありますし、今後の参考にもなるかもしれません。
【 証言1 】
「最初は地震みたいに家が揺れた。とたんにゴゴゴーッという物すごい地響きがした。あわてて家を飛び出してみたら、近所の家がなくなっていた。」

【 証言2 】
「地震のような揺れが2,3度あって、怖くなって外に飛び出したら、ザーッという音とともに大きな岩が押し寄せて来た。危ないと奥の間に逃げたが、アッという間に家もろとも土石の下敷きになった」

土石流が発生する直前、地震のような揺れがあったようです。

■ 『かごしま市民のひろば』昭和62年6月1日号
3面に、「梅雨本番 雨災害に備えを」を題した特集を掲載しています。

「うっとうしい梅雨の季節となりました。梅雨は災害の季節ともいわれ、大雨災害が起こるのもこの時期です。鹿児島地方気象台の長期予報によりますと、ことしの梅雨は、雨が集中的にドッと降るなど陽性型だといわれており、このような気候では、ガケ崩れや洪水などの災害が多く発生しがちです。そこで、本格的な梅雨を前に備えを怠らないよう心がけ、大雨災害を未然に防止しましょう。」

また、災害時の心得として10項目を挙げて注意を呼び掛けていました。
避難場所は、これまで25ヶ所であったものを53ヶ所に増やして災害に備えていました。

■ 『かごしま市民のひろば』昭和53年6月1日号
1面に、竜ヶ水の崩落現場の写真が掲載されています。
『かごしま戦後50年』にも、崩落現場の写真が掲載されていますのでご覧になってみてください。
日豊本線上に、土砂と巨大な岩石が崩落しています。
「災害は忘れた頃にやってくる」と題して、次のような記事を掲載しています。

「一昨年の六月紫原団地周辺の二か所でおきた山地崩壊や、昨年の竜ヶ水災害など今でもその恐ろしさは忘れることができません。
市では、このような災害を二度と繰り返さないためには、市内の災害危険個所を先月、山之口市長をはじめ市の幹部が点検しました。・・・」

昭和53年の鹿児島市は、災害時の避難所を62ヶ所に増やしています。
「必要に応じ臨時避難場所を開設しますので、身の不安や危険を感じたら、この避難所だけにとらわれず近くの安全な施設へ避難してください」と呼びかけています。

【 崩落の原因について 】
6月15日〜18日にかけて竜ヶ水での降雨量は、177ミリありました。
しかし、19・20日の両日に雨量はなく、21日以降も比較的少ないものでした。
24日午前10時48分頃に、土砂崩れが発生してしまいました。
原因として、地下水や特殊な地形・地質が災いして大規模な地滑り崩壊につながったと考えられているそうです。

「災害は忘れた頃にやって来る」といわれますが、およそ10年後、鹿児島市はゲリラ豪雨によってガケ崩れや川の氾濫に見舞われることになります。
posted by ぶらかご.com at 23:46| Comment(0) | 鹿児島の災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする