2014年10月31日

城山公園のおいたち

■ 県下初の県営公園
城山が市民にとって親しみやすい所となったのは、明治10年の西南戦争後のことでありました。
藩政時代の城山は島津家の居城として、また神聖な地であったことから庶民は足を踏み入れることはできなかったそうです。
明治2年、島津氏は封土を朝廷に返還。旧城郭と城山上部の土地は、お城と共にすべて官有地となりました。
また明治4年、熊本鎮台分営設置によって城山は、陸軍省が所管するようになりました。

ただ、旧二ノ丸付近だけは島津久光公の所有地で、そこに住んでいました。
久光公のことを、「二ノ丸様」と呼ぶようになったそうです。
藩政時代、二ノ丸の上手側には、探勝園を開き、浩然亭を設け桜や楓が植えられていたそうです。
西南戦争の際、久光公は二ノ丸から玉里邸へと移られました。
乱が終わると、島津家は二ノ丸周辺の土地を売りに出したそうです。
購入したのは、城下の商人であった山田海三や岩元基などの人物でした。
彼らは、旧二ノ丸地域をすべて買い取り、クスノキやヒノキを伐採して売却する計画を立てていました。

【 岩村通俊 】
当時、鹿児島県令であった岩村通俊は、計画を知るや土地購入に向けて動き始めました。
背景には、「せっかくの景観と歴史が台無しになる。城山だけは役所に管理させたほうがよい」とする世論の声があったようです。
岩村は県費三千円で土地を買収、むかしあった浩然亭を設置して、公園化への道筋をつけたのでした。
浩然亭は木造の貸席で、料理持は持ち込み、コンロとナベだけを借りて料理するものであったそうです。
浩然亭は終戦後も残っていたようですが、昭和26年のルース台風で全壊してしまったそうです。

その後、県が買収した土地は官有林として編入され、農商務省に移り、鹿児島山林局事務所で主管することになりました。

【 渡辺千秋県知事 】
明治18年5月、岩村県令のあとを継いだのは渡辺千秋県知事で、公園化を推し進めた人物でした。
渡辺は、「本県には公園がなく、県民が楽しめる場所がないのは遺憾だ。老樹繁茂し、展望絶佳な城山を公園にしたい」と山林局に官有地払下げの交渉を行いました。
翌6月、当時の内務卿山形有朋に願い出、9月に許可が下りたのでした。
そうして、城山は鹿児島県初の県営公園となりました。
渡辺知事は登山道路開鑿にも着手、照国神社の西寄りにその道が残っているそうです。

■ 鹿児島市営へ
明治23年4月、渡辺知事の後を引き継いだ山内堤雲知事の代になると、「県営公園としては狭すぎる」という声が強まりつつありました。
というのも、当時の城山公園は城山山麓一帯の、とても小さなもので、山腹は農商務省が、山頂付近は陸軍省の管轄になっていたからでした。

siroyamapark1.jpg

山内知事は、市制施行を機に内務省に願い出ました。
「利用率からみても、鹿児島市に移管したほうがよい」
同年12月、山内知事の申し出通り、城山公園は鹿児島市へと移管されることになりました。

明治23年3月、鹿児島市は城山公園地開墾費を市会に要求。道路改修に取り掛かりました。
公園とはいっても、雑草生い茂り、荒れ放題。
市有地の開墾、園路建設、クス・杉・ヒノキ・黒松・カエデなど5千本近くの植樹を行ったそうです。
また、園内に取締所を設け、園丁を置くなどしたことから、徐々に公園としての体裁が整っていきました。
しだいに市民の人気を集め、“行楽を楽しむ”という人々が増えたそうです。

人が集まり始めると、茶店を出したいという者も出てきました。
明治24年7月の市会に、「公園地使用料および使用規則」が提案され可決されました。
使用料は1坪(3.3u)当り、1ヶ月1銭以上10銭以下、当時の物価からみても格安な料金であったそうです。

【 城山公園の拡大 】
前述したとおり、当時の城山公園は城山麓の周辺だけという、とても小さく狭い公園でありました。山の中腹は農商務省が、山頂は陸軍省の管轄となっていました。

明治34年7月、豪雨が発生し、土砂が崩壊。崩れ落ちた土砂が公園内に流れ込み、茶店など2棟が埋没し負傷者を出す災害が発生しました。
それまでも、城山には老木が多く強風で倒れたり、台風や長雨で土砂崩れを起こすなどしていたのでした。
明治34年の災害を機に、鹿児島市では「山腹の傾斜地の手入れをしないかぎり、危なくて公園とはいえない。ふもとの地区にいくら市費をつぎ込んでもムダ」と考え、国有地払い下げの陳情を展開することになりました。
そうして明治41年4月、城山の全部を譲り受け公園敷地は一気に広がったのでした。
園道を通し、各種設備が整ったのは、明治43年12月のことであったそうです。

明治40年、城山に皇太子殿下(のちの大正天皇)が展望台までのぼられています。
皇太子殿下が来られるということで、県・市では準備に大わらわとなりました。
次回は、このへんについて触れてみます。
posted by ぶらかご.com at 22:03| Comment(0) | 鹿児島の近代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

城山の午砲(どん)

ドン広場
城山頂上ちかくの駐車場から展望台の方へ進むと、「ドン広場」が出てきます。
don1.jpg
何かあるだろうと期待を持って行って見ると、遊具が設置されたただの広場。
探勝園から遊歩道を登ってきたこともあって、一気にダレてしまいました。

午砲の痕跡はないかと広場をうろついていると、奥の木立のなかに「明治十年戦役薩軍本営跡」の記念碑を見つけました。
don2.jpg

当時とかなり異なった地形になっているのでしょう。
西郷さんや桐野などの人物たちが、ここで戦況を見、指揮を執っていたのでした。

don3.jpg

ちなみに記念碑は、大正12年3月10日に鹿児島市が建立したものだそうです。

西南戦争以後は市民憩いの場として、春秋のオデバイや運動会などが行われていたそうです。
また、正午の時報を告げる「午砲(どん)」が昭和12年まであったそうです。
据えられた午砲は、ずんぐり型の山砲であったそうです。
正午前になると、市役所の小使いさんが懐中時計を睨みながらマッチで点火。
その瞬間、“ドーン”という轟音とともに、大砲に詰めてあった紙の玉が破裂、新聞紙の紙吹雪が舞うものでした。
午砲は城山の名物となり、広場は「ドン広場」と呼ばれるようになったそうです。

ドンが鳴ると子供たちは、「ドンが鳴った。ピーが鳴った。ヒイ(昼)が鳴った。メス(飯)たぶろ」と歌いながら家に帰るものであったそうです。
「ピー」という音は、市内の工場が午砲を合図に昼食のサイレンを一斉に鳴らしたことを歌っています。
西郷竹彦さんが、当時の様子を『少年少女文学風土記Cふるさとを訪ねて 鹿児島』(昭和34年刊)の「城山のドン」に、記述していますので参考にしてみてください。
短くしたものを「さつまの国の言い伝え」に掲載しました。

海軍の山砲を払下げ
鹿児島で最初の時報は、寺院の鐘でありました。
県民交流センター近くに、“ゴマ焼きの鐘つき堂”と呼ばれるお堂が唯一の時報を告げる施設でした。
この鐘つき堂、明治10年の西南戦争で焼失してしまいました。

明治22年、鹿児島市が誕生すると、易居町の不断光院に鐘を貸し出しました。
昼夜を問わず鐘をならしていましたが、聞こえるのはほんの近くだけ。そのうえ、時間の正確さを欠くこともしばしばありました。
明治39年12月22日の市会で、有川議員が古い大砲で正午の合図をすれば、市内のほとんどまで聞こえて便利ではないか」と提案。
この提案は、満場一致で可決されました。

午砲設置に向けて動き始めましたが、肝心の大砲がなかなか見つかりませんでした。
明治42年、海軍佐世保鎮守府に短四インチ山砲を払下げてもらうことになりました。
明治42年9月3日、短四インチ山砲と附属品が船便で鹿児島に到着しました。
明治42年10月25日、市長は午砲の試し撃ちを上之原で行うことになりました。
また、午砲附属の火薬庫一棟の建設も決定し、鹿児島警察署長へ届け出ています。
午砲の試し撃ちは、28日午後2時頃、鹿児島測候所附近で行ったそうです。
試し撃ちでは、午砲に新聞紙を詰めてマッチで点火、とたんに“ドーン”という轟音。
新聞紙が割れて、クスダマのように飛び散る光景で、すっかり人気を呼んだということです。

当時、民有地であった城山山頂一帯を明治45年7月、鹿児島市が買収。
市民の憩いの場として活用することになり、大砲を上之原から移し広場の北端に設置しました。
天気の良い日は、田上附近までドンは聞こえたそうです。
また、昼休みのことを“ドン休み”と呼ぶほど、市民に親しまれていたそうです。
筆者は、ドンのことは知りませんが、「半ドン」という言葉は使っていました。
今と違って、土曜日は午前中授業があり、昼から休みであったことから、「半ドン」と言っていました。

午砲の取替
『鹿児島市史』大正13年刊によると、大正10年12月、城山の午砲は取り替えられたそうです。

「城山頂上における、市の午砲砲身は、最初のものは据え付け以来、多年の星霜を閲みし使用に堪えざるより、佐世保鎮守府へ砲身一個の所管替を出願し、大正10年12月に至り、同所より砲身一個送付し来たりたるが、四斤砲にて従前のものと同一型のものなり。」

昭和時代の午砲
市民生活にすっかり溶け込んでいた午砲(どん)。
昭和12年、新しい鹿児島市庁舎にサイレンが備え付けられたため、午砲は、その役目を終えることになりました。
太平洋戦争が始まると供出され、鉄になってしまったようです。

ドンは大正生まれの鹿児島人にとって、懐かしいものであるそうです。
終戦後、サイレンは直ちに取り除かれたそうです。
ドンに取って変わったサイレンの不気味な音は、不快なものであったのかもしれません。

昭和40年初めごろ、ドン復活の話が持ち上がったそうです。
当時、素朴なものの価値が再評価されている時代でもありました。
ドンを復活すれば、市民の懐かしさを誘うだけでなく、都会から脱出してきた観光客にもサービスになるという考えがあったそうです。
観光関係者のあいだでは、ドンの復活は最高の観光振興になるといって盛んに論議されたそうです。
城山にドンがないことを見ると、その後、論議は下火になったようです。
posted by ぶらかご.com at 23:15| Comment(0) | 鹿児島近在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

城山にまつわる話

城山は吉野台地につづくシラス台地の端にあたり、標高107mあるそうです。
城山が文献に登場するのは、南北朝時代の頃のようです。
『薩隅日地理纂考』によると、「往古上山(うえやま)城と号し、感応の頃上山某居城なり」とあります。
城が造られた時期、規模など詳しい記録は殆ど残っておらず、断片的なものが残っているのみのようです。

■ 元禄の大火
元禄9年(1696)4月27日、上和泉屋町の立山助右衛門屋敷から火の手があがりました。火は折からの風にあおられ、家々を焼き尽くし、鶴丸城内にまで燃え移ってしまいました。
火勢は衰えず、とうとう本丸まで焼けてしまいました。
この火事で、家数866軒、町屋敷112棟が被害を被ったそうです。
城内にあった宝物、御記録所も全焼。貴重な記録、文書類もすべて焼失してしまいました。

第20代島津綱貴公は史官を藩内各地に派遣して、旧家や神社仏閣などの旧記を写すことを命じました。
完全な記録の復元はできなかったようです。
この火事は、鹿児島の郷土史を調べる上で注意しなければならないポイントであるようです。

この大火、実は放火でありました。
犯人は万七という者で、竹ノコ刑という罰を受けたそうです。
柱に犯人を生きたまま磔にし、通りがかりの者に切らせるという残虐な刑でした。
万七は子供たちにまで竹ノコで切られ、全身血だらけになって切り裂かれていたそうです。
数日後、万七は息絶えたということです。

これ以後も、薩摩藩は火事に悩まされます。
元禄10年と12年にも大火が発生し、元禄15年3月には江戸高輪藩邸が、同年10月には芝藩邸が焼け出されてしまいました。
元禄16年には家数2000軒を焼いてしまうという、史上最大の火事が城下で発生したのでした。
相次ぐ火災によって復旧はなかなか進まず、本丸が再建されるまでに8年を要したそうです。

18代家久公が鶴丸城を築くとき、明の帰化人であった江夏自閑に城地を占うよう命じました。
江夏は家相学の風水で、「この地は四神相応で武運長久の地。しかし、火難の相があるので霊符尊神のご本尊を安置するように」と占ったそうです。
江夏の占いに従って、城山には厄除けの霊符堂が建てられたそうです。
築城後の大火を見れば、江夏の風水は確かなものであったようです。

火事対策として、城前に空地をつくり防火帯としたり、夜回りを強化するなどの対策を行ったようです。
また風水の知識を生かして、「木屋町」を「金生町」に改めたりもしています。
木は火を生むが、金は水を好み、水は火に勝つという風水からの考えを取り入れたといわれています。

■ 明治以後の大火
薩摩藩を悩ませた火事、明治以後も悩みの種となっていました。
鶴丸城内に熊本鎮台第二分営を設置していました。
明治6年12月7日、兵営内から発生した火によって、鶴丸城は全焼してしまいました。
鶴丸城は一度も実戦で使われることなく、二度も大火に見舞われて焼けてしまいました。
その後も天文館周辺で火事が相次ぎ、日置屋敷が全焼するなどしています。

昭和27年4月24日午前0時15分頃、長田町で発生した火事は、50mの堀を越えて旧鹿大医学部と同付属病院などに延焼しました。
被害額は、当時の金額で6億円であったそうです。

■ その後の城山
家久公が鶴丸城を築城すると、城山は後詰に位置づけられ、鶴丸城防衛のため立入禁止となりました。このときから城山は、鹿児島の守りの中心であり、神聖な地となったそうです。
おかげで、都市近郊にありながら、数百種に及ぶ亜熱帯植物が群生できたのだそうです。

明治の世となり、城山で西南戦争の最終決戦が行われました。
明治10年9月24日、薩軍は壮烈な最後を遂げ、戦いは終了することになりました。
この戦いは、当時の鹿児島の人々の魂を城山に結びつける出来事になったそうです。
そうして、城山は心身修練の場として、また憩いの場として利用されることになりました。

明治23年には、鹿児島市の都市公園となり、様々な施設がつくられたそうです。
昭和5年頃には、自動車道建設をめぐって在郷軍人会と学者が対立するということもあったそうです。

次回から数回にわたって、城山にまつわる話に触れてみたいと思います。
posted by ぶらかご.com at 00:14| Comment(0) | 鹿児島城下周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする