2014年10月09日

平成5年9月の台風13号

9月3日午後4時頃、大型で非常に強い台風13号は枕崎付近に上陸。
台風はやや加速しながら北東に進み、鹿児島湾から大隅半島北部を経て、勢力を弱めながら宮崎県を縦断して北上していったそうです。
この台風13号、上陸時の中心気圧は930hPa、中心付近の最大風速50m/秒、暴風半径170km、強風半径500kmという非常に大きなものでした。
気象庁が記録を取りはじめた1951年以降の記録では、第3位の気圧の低さであったそうです。

鹿児島・枕崎・種子島・屋久島で最大瞬間風速50m/秒を超えました。
とくに種子島では南の風59.1m/秒を観測しています。
総降水量は各地で100〜200oを超え、枕崎では300oを超えたそうです。
枕崎を例にとると、9月3日午後3時40分までの1時間に85o、午後4時までの1時間に東鹿籠(枕崎市)で92oを記録しました。
また、国分市上之段で午後5時までの1時間で86oという記録的な大雨を観測するなど、各地で激しい雨が降りました。

【 被害状況 】
県内各地で豪雨災害からようやく落ち着きを取り戻しつつあった矢先、戦後最大級の台風13号が鹿児島に襲い掛かって来ました。
この台風、昭和26年10月のルース台風や昭和20年9月の枕崎台風と同じという最悪のコースをたどりました。

台風13号は県内全域に雨と強風をもたらし、各地で災害が多発してしまいました。
台風の通過によって、薩摩半島では9月3日夜から未明にかけ各地で土砂崩れや洪水被害が発生しました。
鹿児島市内を流れる甲突川午後4時40分頃氾濫、いたるところで浸水被害が発生しました。

なかでも金峰町大坂扇山地区と川辺町小野地区では、土石流と山崩れが発生し大きな被害を出してしまいました。
その他、金峰町白川・大口市・垂水市・知覧町郡でも土砂崩れなどによって死者がでてしまいました。
台風13号災害による死者は2市3町で33名にも上りました。
被害につきましては、下をクリックしてみて下さい。
taihu13gou.pdf

【 川辺町小野地区 】
9月3日22時50分過ぎ、小野谷川上流で土石流が発生。ふもとの住家20棟が流され、26人が生き埋めとなりました。
そのうち17人は救出されたものの、9人が帰らぬ人となりました。
今回の土石流によって21世帯65人が被災、死者9人・重傷者3人・軽傷者16人・全壊住家12棟の被害がでました。

山あいから流れ出た土石流は、約560m・幅約80mにわたりました。
調査報告などによると、被災地全体にわたって流出・堆積土砂は少ないものであったそうです。土石流というより、高速の洪水流に近いものであったと考えられているようです。

土石流発生の報が警察に入ったのが22時53分頃、9月3日夜から地元消防団員ら約200人のほかに、4日未明から国分自衛隊の応援約170人も加わって行方不明者の捜索が始まりました。

川部町では台風13号接近に備えて9月2日夜から3日昼にかけて、繰り返し避難を呼びかけていました。5ヶ所の公民館に避難したのは川沿いの住民だけで、小野地区の人たちの殆どは避難していなかったそうです。
3日21時頃には風雨が弱まり、河川の水位も下がったことから避難した住民も帰宅しました。
しかし、土石流は雨がおさまった数時間後に襲ってきたそうです。
土石流の発生は、降雨のピーク前後に多いといわれています。
小野地区の場合、降雨のピークから約7時間後ときわめて遅く、雨が止んでから約2時間後のことでした。

小野地区の土石流発生原因として、山腹の崩壊土砂が繋留に流れ込み、一時、渓流の流れをせき止め天然ダムを形成した後、ダムが破壊することによって土石流化したと考えられています。
小野地区の谷の出口付近に、旧南薩鉄道知覧線軌道跡の盛り土があったそうです。
排水管もあったようですが、土砂や流木などによって詰まっていたようです。
平成5年の長雨によって、盛り土より上流側には湛水池ができていたとも言われています。
豪雨によって流出してきた渓流の水は、盛り土で堰き止められていました。
しかし、水位上昇とともに盛り土が耐えられなくなり破壊したものと考えられています。
堰き止められた大量の水が、鉄砲水となって流れ下ったようです。


【 金峰町大坂扇山地区 】
9月3日20時過ぎ、金峰町大坂扇山地区で大規模な山崩れが発生、住宅6棟が全壊・20人の死者がでてしまいました。
この日、地区住民27世帯55人のうち10世帯20人が扇山公民館に避難していました。
しかし、公民館裏の斜面が崩れるおそれがあったため、再度公民館下にある民家に避難した所を崩壊土砂に襲われたのでした。

杉で覆われた標高150mの山が、幅約30〜80m・長さ約400mにわたって崩れ落ちました。
崩壊した土砂は谷底まで一直線に押し流されました。
斜面に遭った公民館や民家は、跡形もなくなっていました。

4日7時過ぎ、自衛隊や警察官ら約700人が救出に当たりました。
しかし被災地区は山間に入った集落のうえ、現場に通じる道路が土砂崩れで寸断されており、重機を持ち込めなかったため救出作業はすべて手作業で行われたそうです。

金峰町では小学校や中学校など8ヶ所が避難場所に指定されていました。
2日夕方〜3日午前までに屋外の防災無線で小学校と公民館に避難場所を確保したことを放送。住民に避難を促したそうです。
町が住民に避難を指示したのは、それが初めてのことでした。

被災に遭った人たちは、風雨が激しくなった9月3日午後、集落内の扇山公民館に避難しました。
しかし、この公民館は数年前、県の急傾斜地危険地域に建てたもので、避難場所に指定されていませんでした。
3日4時頃、巡回した消防団が移動を促しましたが、「近くの民家に移る」と返事したこと、風雨が激しく避難させることが困難と判断して、やむを得ず現場を離れたそうです。
町が避難場所として指定していた町立公民館は、現場から5q離れていたそうです。

川辺と金峰の土石流被害は、多くの教訓を残しているように思われます。
posted by ぶらかご.com at 23:50| Comment(0) | 鹿児島の災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

平成5年8月9日の台風7号

概 況
大型で非常に強い台風となった7号(中心気圧940hPa)は、9日夜、九州南部を暴風域に巻き込みながら九州の西海上を北上しました。
県本土への直撃は免れたものの、ひと晩じゅう激しい風と雨が吹き荒れました。
鹿児島地方気象台によると、午後0時30分名瀬市で最大瞬間風速49.4mを記録。
枕崎市で午後6時50分に45.9m、鹿児島市では午後10時10分に34.5mの風速を記録しました。

また、台風を取り巻く強い雨雲が次々に九州南部を覆いました。
そのため、大隅半島や宮崎県を中心に1時間に20〜50oの強い雨が降りました。
午後6時までの1時間に宮崎県国富町本庄で58o、宮崎市で53oの集中豪雨を観測。
鹿児島県内でも午後10時までに高山町で42mm、甫与志岳で32oなどを記録しました。
高山町や鹿屋市などでは、降り始めからの総雨量が200oを超えた所もありました。
鹿児島市にあっては、午後11時までに93oに達しました。

被害状況
降り始めからの総雨量は100o以上となった所が多く、大隅半島では1時間に20〜50oの強い雨を観測。このため各地でガケ崩れによる被害が相次いだそうです。
垂水市二川では、集落の裏山が崩れ5人が死亡するという災害が発生しました。
この台風で、死者5人・重傷者4人、全壊住家26棟・半壊47棟・一部破損住家988棟、床上浸水24棟・床下浸水329棟もの被害が発生。

豪雨の後遺症と台風被災
豪雨災害の復旧作業が本格化した矢先、大型で非常に強い台風7号が接近。
このため、すべての復旧作業が中断。避難所から帰宅していた人々は、再び避難所へと帰らざるを得ませんでした。

【 断 水 】
8月8日に約4万トンを給水できるまでに復旧していた鹿児島市の河頭浄水場。
9日の台風7号による雨で、甲突川の水が濁り、午後6時過ぎ取水を停止しました。
降雨量しだいでは、再び冠水するおそれがありました。
冠水すれば、浄水池などに流れ込んだ土砂を撤去しなければならず、復旧が大幅に遅れてしまうという心配がありました。

9日夜、断水していたのは紫原や武岡など高台の団地と、水圧が低く上がらない市街地の高層ビルなど約75000世帯ありました。
断水で困ったのは、医療機関でした。
手術や人工透析、大量の食事を用意する病院では、深刻な影響を受けていました。
国立南九州中央病院では、150トンの貯水タンクが空っぽに近い状態でありました。
鹿児島市や自衛隊から優先的に水の供給を受けていましたが、通常の使用料に及ばず手術を延期、冷房の運転を中止するなどで対処していたそうです。

【 8月11日付南日本新聞18面 】
"断水 鹿児島市なお4割" 
「豪雨の後遺症と台風被災で麻痺した鹿児島県内の水道、電気、電話、ガスは10日、復旧が進んだものの、地域によっては回復がずれ込んだ。
鹿児島市水道局は10日、同市の水道の完全復旧について“市内の7割給水体制まで復旧できるのは好天に恵まれた場合で、早くて17日、完全復旧できるのは20日以降になる”と発表した。
市内最大の河頭浄水場と滝之神浄水場の復旧作業が台風7号の通過で遅れるため。
平川浄水場などをフル運転して給水しているが、10日現在、高台の伊敷・原良・武岡・千年・紫原・星ヶ峯を中心に、市内のほぼ4割の約7.5万世帯で断水が続いている。

【 防疫作業始まる 】
8月12日付南日本新聞19面によると、鹿児島市は11日、豪雨で浸水した地域で伝染病が発生しないよう防疫作業を始めました。初日は甲突川近くの荒田・高麗・新屋敷・南林寺や山之口など天文館一帯を中心に、午前9時〜午後5時まで行ったそうです。
市や民間業者から約40人が作業にあたり、いっぱいに積まれたゴミや被災者宅の床などに消毒液を散布しました。
市環境衛生課は、「対象範囲がかなり広く、作業は盆過ぎまでかかりそう。個人で散布を希望する人には、当課で消毒液を無料配布しているので利用してほしい」としている。

【 九州道に車殺到 渋滞12キロ 】
8月12日付南日本新聞20面によると、8・6豪雨と台風7号で道路網が寸断された鹿児島県内の道路は復旧が続いているが、11日は早朝から大動脈の九州自動車道に車が集中。開通以来最悪の渋滞に見舞われたそうです。
渋滞は午前6時頃には始まり、ピークは10時50分頃であったそうです。
鹿児島市へ向かう車の列が、薩摩吉田インターから延々12qもつながりました。
また、鹿児島市側からの車も長蛇の列。

九州自動車道につながる県道吉野公園線からあふれた車が、国道10号から3号の平田橋まで約11qも数珠つなぎになりました。
このとき九州自動車道の薩摩吉田と加治木の間は、上下とも50キロ規制になっていました。
県警交通規制課は、「渋滞は国道3号と10号が開通するまで続く。車の分散、誘導ができないので、マイカー利用を自重して」と呼びかけていました。

各地の道路が寸断されたままであったため、物流にも大きな影響を与えました。
そのため、小売店への納品が滞ったり、遅延するといったことが起こりました。
水害にあった小売店は営業ができなかったため、消費者は飲料水や食料を求めて営業している店舗に詰めかけました。

8月12日付南日本新聞8面、「水パニック一段落」
断水や物流も改善し始めたらしく、「鹿児島県内の飲料水・食料品については、卸・小売りに回復の兆し」という記事を掲載しています。

8月いっぱいまで、落ち着いた天気であったようです。
この年、鹿児島には異常気象ともいうべき現象が次から次へと襲い掛かりました。
今度は、台風13号が9月初めに襲ってくることになります。
posted by ぶらかご.com at 23:14| Comment(0) | 鹿児島の災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

8・6水害後の様子

水害後の鹿児島市内の様子を、当時の南日本新聞から拾ってみました。
鹿児島市街地では、ちょっとしたパニックが起こっていたようです。
あらかじめお断りしておきますが、当時の市民生活のほんの一部分を記載しています。

生活混乱
8月9日付南日本新聞16面「社会部日誌」
「洪水で水攻めに遭ったうえ、水を断たれて泣かされている。電気や電話もないと困るが、水は生命線だけに生活に直接響く。
いつまで断水は続くのか、一番知りたい。2,3日なら我慢もできるが、これが1週間もなると、考えるとゾッとする。
昭和60年の台風13号が頭をよぎる。1週間の停電で市民生活はパニック状態に陥った。
今度は水攻めのあとの断水。
水が出るのが水害なら、水が出ないのも水害。シャレにもならない。
水害のダブルパンチに、うんざりだ。」

水の問題は深刻で、飲料用としてだけでなく、洗濯やトイレにも支障をきたしていました。
水害が発生したのは8月、ただでさえ喉の乾く季節、健康への影響も心配する人もありました。

豪雨によって河頭浄水場と滝之神浄水場が損害を受けたため、断水が発生。
甲突川と稲荷川の氾濫によって、濁流が取水・浄水・送水施設を使用不能にしたのでした。
鹿児島市水道局の日間給水能力は25万トン。そのうち、河頭浄水場と滝之神浄水場は6割の15万トンを占めていました。
残り10万トンを供給するほかありませんでした。

水量が減り給水圧力も低下したことから、高台にある団地や市街地は完全断水に陥ってしまいました。
被害を受けなかった平川浄水場は、あまりに遠く、その他の地域も水の出が悪くなっていました。
そうして、団地の配水タンクは空っぽになっていたそうです。

8日朝から、37台の給水車が団地などへ出動することになりました。37台のうち25台は自衛隊の車両でした。
同日午後には、車両を増やして補給を繰り返したそうです。
給水車の止まる所には、ポリバケツやヤカン、水筒、クーラーボックス、空き瓶などあらゆる容器を手にした人々が押し寄せたそうです。
もらえる量に制限があったうえ、頼みの給水車が渋滞に巻き込まれ動きが鈍いことに、市民のなかには不満を募らせる人もありました。

8月9日付南日本新聞19面「水でない、市民パニック」
炊飯・トイレストップ 完全復旧は14日前後
「豪雨禍から二日経った8日、鹿児島市は広範囲に断水が続いた。ご飯は炊けず、水洗トイレも使えず、パニック状態。自衛隊などの給水活動も文字通り焼け石に水。
“生活できない”と市民は悲鳴を上げた。
水道は徐々に復旧する見通しだが、完全復旧は14日前後になるもようだ。」

記事には、市民のインタビューが掲載されていました。
「トイレが一番困る。ためていた水も残り少ない。飲み水は我慢している。」
「広報のマイクが聞こえにくい」など。

水や食糧を求めて、人々はスーパーへ詰めかけました。
「飲料を求めて、市内のスーパーなどには市民がつめかけた。タイヨー大竜店は、ミネラルウオーターなど1人1本ずつと呼びかけたが、まとめ買いする人が多く、すぐに売り切れた。断水で店自体も大困り。
地下水で賄っている銭湯は平常通り営業。自宅の風呂を使えない人たちでごった返し、普段の3倍も客の入った所もあった。」

当時の様子を同僚に聞いていたところ、銭湯では髪の長い客を断るといった場面もあったそうです。

記事は、次のように締めくくっています。
「河頭浄水場は8日、4万トンぶん復旧した。全面復旧までは1週間近くかかる見込み。
滝之神はメドがついていないものの、河頭の復旧により、市全体の通常の需要に対応できるという。
鹿児島市水道局は9日、給水車を113台に増やす。
水道部長、“全力で早期復旧に努めたい。市民もできるだけ節水に協力を”と呼びかけている。日置郡郡山町も一部断水中。」

同日新聞に、「マスクで防ぐ」と題した写真が掲載されています。
8日午後1時半ごろの、西田二丁目の風景を撮影したものです。
その日は、とても良い天気であったらしく、泥が渇き、砂塵が街にまっていたようです。
自転車を押して歩く女性が、マスクをしています。
時期は8月、そのうえ晴天、のどの渇きは如何ばかりであったでしょうか。

8月11日付南日本新聞16面「かごしま都市圏」
“物不足、知恵生かして乗り切ろう”と題する記事が掲載されていました。
見出しだけ読むと、戦中・戦後のスローガンのようですが、平成5年のものです。
平成5年は冷夏であったためか、農作物の生産がふるわず、価格も高騰していました。
そこに長雨と集中豪雨でありましたから、体調不良を訴える人々もいました。
記事では、野菜や水不足への対応策が掲載されていました。

「集中豪雨に次いで、台風7号に追い打ちをかけられ、鹿児島県内各地で水不足や野菜不足が続いている。市民のなかには、体の不調を訴えている人もいる。そこで野菜、水不足の対応策を聞いた。
野菜不足で一番問題なのは、繊維質が不足すること。繊維分が足りないと通じが悪くなり、不快感が出て、ひどくなると便秘になってしまう。
また、カリウム不足にもなり、ナトリウムとのバランスが崩れ血圧変調が起き、血圧コントロールなどに影響が出ることがある。

水不足も深刻で、鹿児島市などは約7.5万世帯が断水している(10日午前現在)。なかでも心配されるのは、水が少ないといって水分補給を我慢すること。
若い人は体が自然に水を要求しますが、あまり汗をかかないお年寄りは脱水症状に気づかないことがあります。
それに物を言わない赤ちゃんに気づかなくてはなりません。
緊急時は衛生面を考え、煮沸した水や缶入りのお茶、ウーロン茶、牛乳、ジュース、果物、汁物などからとること。」

食糧・ゴミ・消毒
集中豪雨から二日経った8日も、鹿児島市では復旧作業が進まず、市民生活は混乱していました。
冠水した家屋の清掃に追われ、掻きだされたゴミや土砂は回収されることなく道路や歩道に山積みされていました。
国道沿いには浸水した家庭の畳や冷蔵庫、家具などがずらり並んでいたそうです。
清掃局では甲突川や新川、稲荷川周辺を中心に回収作業を進めていましたが、量が多く、いつ終わるのかメドの立たない状況であたそうです。

【 物 流 】
それまでの長雨と6日の集中豪雨によって、各地の道路が寸断されたことから物流が大きな影響を受けてしまいました。
スーパーなどでは、輸送ルートを確保して配送していました。
各地で発生する交通渋滞によって、到着が大幅に遅れるという状況にあったそうです。

物流が滞ると、消費者にも大きな影響を与えました。
食糧をもとめて、市民たちはデパートやスーパーに押し寄せたため、すぐに品切れとなったそうです。
断水で調理できないため、弁当やパン、惣菜、インスタントラーメンなどが品切れ状態でした。
某スーパーでは、メーカーから届いたばかりのパンを並べようとすると、客がワッと群がりたちまち無くなったそうです。
他のスーパーではオニギリの需要が高く、普段の6倍も売り上げたそうです。

【 消 毒 】
鹿児島市内では、多くの家屋が床上・床下浸水の被害を受けました。
そこで伝染病防止のための作業を直ぐに行う予定でしたが、台風7号接近のため延期せざるをえませんでした。台風接近前に散布しても、効果がないそうです。
また、浸水家屋の調査が終わっていないこと、薬剤も不足していたそうです。

水害から2日間は天気に恵まれたようですが、南の海上には大型で非常に強い台風7号が鹿児島に接近しつつありました。
posted by ぶらかご.com at 23:39| Comment(0) | 鹿児島の災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。