2014年10月31日

城山公園のおいたち

■ 県下初の県営公園
城山が市民にとって親しみやすい所となったのは、明治10年の西南戦争後のことでありました。
藩政時代の城山は島津家の居城として、また神聖な地であったことから庶民は足を踏み入れることはできなかったそうです。
明治2年、島津氏は封土を朝廷に返還。旧城郭と城山上部の土地は、お城と共にすべて官有地となりました。
また明治4年、熊本鎮台分営設置によって城山は、陸軍省が所管するようになりました。

ただ、旧二ノ丸付近だけは島津久光公の所有地で、そこに住んでいました。
久光公のことを、「二ノ丸様」と呼ぶようになったそうです。
藩政時代、二ノ丸の上手側には、探勝園を開き、浩然亭を設け桜や楓が植えられていたそうです。
西南戦争の際、久光公は二ノ丸から玉里邸へと移られました。
乱が終わると、島津家は二ノ丸周辺の土地を売りに出したそうです。
購入したのは、城下の商人であった山田海三や岩元基などの人物でした。
彼らは、旧二ノ丸地域をすべて買い取り、クスノキやヒノキを伐採して売却する計画を立てていました。

【 岩村通俊 】
当時、鹿児島県令であった岩村通俊は、計画を知るや土地購入に向けて動き始めました。
背景には、「せっかくの景観と歴史が台無しになる。城山だけは役所に管理させたほうがよい」とする世論の声があったようです。
岩村は県費三千円で土地を買収、むかしあった浩然亭を設置して、公園化への道筋をつけたのでした。
浩然亭は木造の貸席で、料理持は持ち込み、コンロとナベだけを借りて料理するものであったそうです。
浩然亭は終戦後も残っていたようですが、昭和26年のルース台風で全壊してしまったそうです。

その後、県が買収した土地は官有林として編入され、農商務省に移り、鹿児島山林局事務所で主管することになりました。

【 渡辺千秋県知事 】
明治18年5月、岩村県令のあとを継いだのは渡辺千秋県知事で、公園化を推し進めた人物でした。
渡辺は、「本県には公園がなく、県民が楽しめる場所がないのは遺憾だ。老樹繁茂し、展望絶佳な城山を公園にしたい」と山林局に官有地払下げの交渉を行いました。
翌6月、当時の内務卿山形有朋に願い出、9月に許可が下りたのでした。
そうして、城山は鹿児島県初の県営公園となりました。
渡辺知事は登山道路開鑿にも着手、照国神社の西寄りにその道が残っているそうです。

■ 鹿児島市営へ
明治23年4月、渡辺知事の後を引き継いだ山内堤雲知事の代になると、「県営公園としては狭すぎる」という声が強まりつつありました。
というのも、当時の城山公園は城山山麓一帯の、とても小さなもので、山腹は農商務省が、山頂付近は陸軍省の管轄になっていたからでした。

siroyamapark1.jpg

山内知事は、市制施行を機に内務省に願い出ました。
「利用率からみても、鹿児島市に移管したほうがよい」
同年12月、山内知事の申し出通り、城山公園は鹿児島市へと移管されることになりました。

明治23年3月、鹿児島市は城山公園地開墾費を市会に要求。道路改修に取り掛かりました。
公園とはいっても、雑草生い茂り、荒れ放題。
市有地の開墾、園路建設、クス・杉・ヒノキ・黒松・カエデなど5千本近くの植樹を行ったそうです。
また、園内に取締所を設け、園丁を置くなどしたことから、徐々に公園としての体裁が整っていきました。
しだいに市民の人気を集め、“行楽を楽しむ”という人々が増えたそうです。

人が集まり始めると、茶店を出したいという者も出てきました。
明治24年7月の市会に、「公園地使用料および使用規則」が提案され可決されました。
使用料は1坪(3.3u)当り、1ヶ月1銭以上10銭以下、当時の物価からみても格安な料金であったそうです。

【 城山公園の拡大 】
前述したとおり、当時の城山公園は城山麓の周辺だけという、とても小さく狭い公園でありました。山の中腹は農商務省が、山頂は陸軍省の管轄となっていました。

明治34年7月、豪雨が発生し、土砂が崩壊。崩れ落ちた土砂が公園内に流れ込み、茶店など2棟が埋没し負傷者を出す災害が発生しました。
それまでも、城山には老木が多く強風で倒れたり、台風や長雨で土砂崩れを起こすなどしていたのでした。
明治34年の災害を機に、鹿児島市では「山腹の傾斜地の手入れをしないかぎり、危なくて公園とはいえない。ふもとの地区にいくら市費をつぎ込んでもムダ」と考え、国有地払い下げの陳情を展開することになりました。
そうして明治41年4月、城山の全部を譲り受け公園敷地は一気に広がったのでした。
園道を通し、各種設備が整ったのは、明治43年12月のことであったそうです。

明治40年、城山に皇太子殿下(のちの大正天皇)が展望台までのぼられています。
皇太子殿下が来られるということで、県・市では準備に大わらわとなりました。
次回は、このへんについて触れてみます。
posted by ぶらかご.com at 22:03| Comment(0) | 鹿児島の近代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。