2014年11月08日

城山の自然

■ 姶良火山の一部
地質に関する知識が殆どないため、鹿児島市史や県史などを参考にしました。
詳しく知りたい方は、図書館などで資料にあたってみてください。

およそ300万年前、錦江湾の北半分から帖佐、加治木などにかけて雄大な火山があったそうです。
それを姶良火山といい、城山もその山の裾野の一部にあたるそうです。
およそ50万年前、姶良火山は夥しい溶岩や噴煙を噴出。
このときの火山灰からできたのが“シラス土壌”。
鹿児島県の3分の2近くがシラスの層でできているそうです。
姶良火山の活動がいかに激しく、いかに膨大な量の火山灰を降らせたか想像させられます。

その後、姶良火山の中央部は大陥没を起こし、“カルデラ”と呼ばれる陥没火口ができました。これが錦江湾北部を形作っているそうです。
陥没後、新しい火山活動を起こし、海底から噴き出したのが桜島。
城山の地質を調べてみると、浅海か湖沼で堆積されたものと思われる地層が多いとのこと。
ある時代、水面下にあったものが浮かび上がったと考えられているそうです。
それは姶良火山陥没前のことで、桜島よりずっと古いことのようです。

鹿児島市街地は、もともと海底であったものが段々隆起し浅い海となったそうです。
甲突川や稲荷川、田上川などの三角州から発達して陸地となったそうです。
それで城山や紫原との間には、大きな時代差があるそうです。

■ 城山の植物
城山は植物の宝庫と言われ、およそ600種類あるそうです。
都市の真ん中で、豊富な植物が茂っている所は全国でも例がないそうです。
城山の遊歩道を進むと、大きくて太いクスノキが何本となく目に入ります。

siroyama2.jpg

何本のクスノキが生えているのか分かりませんが、城山のようにクスの大木が群生しているところは珍しいそうです。

城山にクスの大木が群生している理由について、次のような説があるようです。
城山、古くは原生林だったそうです。自然の原生林ではシイ類が主体で、クスは殆ど見当たらないそうです。これは日光が遮られるためのようです。
かつて城山では原生林が倒れ、日当たりが良くなったためクスが育つようになったのではないかと考えられているようです。
城山に群生するクスを見て驚き、広く世界に発信した人物がいました。
元ウィーン大学総長で植物学の権威であったモーリッシュ博士。
博士は大正13年に鹿児島入りしているようです。
帰国後、博士は「日本の生物学」という書物のなかで城山に群生するクスを紹介しているそうです。
この本がキッカケとなって世界各国の植物学者が訪日すると、城山まで足を延ばす学者が多かったそうです。

■ 珍しい名前の木々
遊歩道を歩いていると、妙な名前が書かれたプレートが木々につけられています。
バクチノキ(バラ科)、ショウベンノキ(ミツバウツギ科)、バリバリノキ(クス科)

【バクチノキ名前の由来】
博打で負けたとき一枚一枚着物が剥がされるみたいに、木の皮がはがれることから名付けられたそうです。
【バリバリノキ】
葉が硬く、触れ合う時にバリバリと音を立てるという説や、枝や
葉に油分が多く、バリバリとよく燃えるという説があるそうです。

baribari1.jpg

【ショウベンノキ】
ショウベンノキは、春期に枝を折ると多量の樹液がでることから名づけられたそうです。

その他にもイタジイ(スダジイ)、アコウ、クワカッガエ、ヤマデキ、ギョクシンクワ、ボロボロノキ、ヤマゴンニャクなどの木々も繁茂しているそうです。
【ボロボロノキ】
枝がポリポリと簡単に折れることから名づけられたもののようです。

城山で初めて発見され、「城山」の名を付けられた植物があるそうです。
シロヤマシダ、シロヤマゼンマイ、シロヤマハギなど。
このうち、シロヤマハギは道路工事などで絶滅してしまったそうです。
わずかに二株が、鹿大農学部に移され植栽されているそうです。

城山が植物の宝庫となったのは、藩政期、一般人の立ち入ることのできない領域として保護されていたことが大きいようです。
薩摩藩は樟脳などを植え、オランダに輸出していたことから、造林事業も行っていたようです。
また、城山の地形が変化に富んでいることも、種類の多さに結びついているようです。

しかし、城山は西南戦争で大きな被害を受けたうえ、昭和6年の登山道路開設による観光開発でも相当なダメージを受けたと思われます。
太平洋戦争での空襲、昭和27年4月の大火災でも相当なダメージを受けているとおもわれます。
高度成長期以降は、車の排気ガスや宅地造成などによる影響も受けていると思われます。

siroyamapark1.jpg

自然遊歩道を登る際、木々の名前を見て、クスクス笑いながら歩くのも面白いかもしれません。

posted by ぶらかご.com at 23:06| Comment(0) | 鹿児島城下周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。