2014年11月16日

城山にまつわる話いろいろ

鹿児島の犯罪多発地帯
終戦から昭和30年代頃までの城山は、犯罪や自殺が多発していたそうです。
終戦直後の混乱していた時代、自殺発生と聞けばすぐ城山を連想するほど。
ダイナマイトを使った心中事件では、身体が粉々になり、現場近くのクスの木にぶら下がっていたこともありました。
ふたり連れのアベックを狙う者や、傷害事件も多く、昭和35年頃まで年間20件以上の犯罪が城山で発生していたそうです。

園児誘拐
昭和35年、園児誘拐事件が発生。
顔見知りの少年に連れ出され、城山で殺されるという事件がありました。
犯人はクスの木の枝を使って園児を殺害、無残なやり方であったそうです。
当時の事件としてはもっとも凶悪で、鹿児島市民の恐怖をさそうものであったそうです。

放火事件
昭和38年には連続放火事件が発生。
犯人は「放火次郎」と名乗り、手紙や電話で放火を予告するという大胆な行動に出ました。
同年11月2日から29日までの間に、武・上荒田・郡元・天文館一帯で計22件の放火。
被害額は1750万円に上ったそうです。
捜査員たちは、毎晩徹底的にパトロールを行いましたが、放火次郎は巧みにスキをついて放火と続けました。

捜査陣が考え出したのが、城山花火作戦というものでした。
放火次郎が放火予告をするとき、市内の公衆電話を使っていることを突き止めました。
そこで市内約300ヶ所ある公衆電話のそばに署員を張りこませ、犯人が新聞社に電話すると同時に、城山から花火を打ち上げるというものでした。
花火を合図に電話をかけている人を一斉に職務質問する仕組みであったそうです。

何度も打ち上げると犯人に気づかれる恐れがあり、実際には3回打ち上げただけでした。
また花火作戦で、犯人に職務質問していながら突き止めることはできなかったそうです。
その後、放火次郎は逮捕されたそうです。

安心して登れる山に
昭和36年頃からは、城山の犯罪を一掃するべくパトロールを強化しました。
ただ、城山が天然記念物指定地であること、費用の点から防犯灯を設置することが出来なかったそうです。
そこでパトロールを増やすという地道な努力をつづけることが唯一の対策でした。
戦後の混乱期からくらべ、世の中が落ち着いてきたことやパトロール強化が加わり、目立った犯罪は無くなったそうです。
犯罪件数は少なくなったものの、ケンカや自殺といった事件が起こることがあったそうです。

テレビ塔
毎日新聞が昭和43年9月に行った全国世論調査によると、テレビの普及率は96.9%。
日本じゅう殆どの家庭がテレビを持ち、一日当り約2時間半見ているという結果であったそうです。
鹿児島県での普及率は88.1%、全国平均より低いといっても相当普及していたようです。
城山は鹿児島県で初めて、テレビの電波が流れたところでありました。

鹿児島でテレビ放送の準備が始まったのは、昭和31年ごろから。どこにテレビ塔を設置するかが、最初の関門であったそうです。
波長の関係で、できるだけ高く、障害物の少ないところに送信アンテナを建てることが必要でした。

●NHK
NHKは紫原や武岡などを調査しましたが、現在の城山展望台駐車場の上にあった台地に土地を購入してテレビ塔を建設したそうです。
テレビ塔建設にあたっては、設置場所が天然記念物指定地ということで、「一木一草も傷つけないように」と厳命されました。
工事は緊張の連続であったそうです。
そして昭和33年初め頃に完成、2月から電波が流れだしたのだそうです。

●MBC
MBCは当初、展望台近くにあった鉄塔にアンテナを取り付ける予定であったそうです。
その鉄塔は、戦時中、防空監視所と利用されていましたが、昭和31年頃には放置されていたそうです。
この鉄塔、もとは南林寺町のガンガラ橋近くににあったものを、城山に移設したものでした。
下に掲載した地図では、ガンガラ橋のすぐ右手に火見櫓と記されています。

minseitou1.jpg

南林寺にあった頃は「火の見櫓」として使われており、『勝目清回顧録』に次のように記しています。

「消防上の必要から火見櫓を計画して、鉄骨の高さは30bぐらいあったと記憶する。工事が終わったので、完工検査をしなければならない。ただ簡単な検査だけだと思って行ったら、30bぐらいもある鉄丸棒のハシゴを上って、望楼のところまで検査しなければならないとこのこと。
初めの間はどうにか上れたが、三分の一位上って下を見たらもういけない。恐ろしくなって足がふるえるようだ。私は一生の勇をふるってついに頂上の望楼にたどり着いた。
望楼は風に揺れるようで気持ち悪いこと甚だしい。私の眼には風景はかすんでいて、見晴どころではなかった。」

展望台周辺も天然記念物に指定されており、枝一本といえども傷つけてはならないということで、他に私有地を探すことになりました。
そうして夏蔭城跡下の土地を購入、昭和34年にテレビ塔が完成しました。
MBCの塔は高さ約80m、NHKの塔は約85mの高さであったそうです。
この塔を放送業界とは別の職業の人が、嫌っていたそうです。

パイロットのテレビ塔嫌い
テレビ塔、飛行機のパイロットにとって、かなり気になる存在であったようです。
当時の鴨池空港は、一日当り定期便だけで85回発着していたそうです。
ローカル空港としては最も利用度が高く、パイロット仲間では城山の“テレビ塔嫌い”が殆どであったそうです。

着陸する前や離陸した後、城山は飛行機が旋回する地点に当たっていました。
城山の高さにテレビ塔を加算すると、標高約200mにもなりました。
「飛ぶのに危険だと言わないが、なければスッキリするする」とパイロットたちは口をそろえて言うものであったそうです。
鴨池空港があった頃、城山のテレビ塔はパイロットにとって、少し目障りな存在に映っていたようです。
むかしの鹿児島を垣間見ることのできる話のひとつかもしれません。
posted by ぶらかご.com at 00:35| Comment(0) | 鹿児島城下周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。