2014年12月11日

垂水丸の顛覆

これまで数回、海難事故をとりあげてみましたが、今回は昭和19年2月に発生した垂水丸について。
この事故は垂水の沖合約200mのところで起きた転覆遭難で、446人の死体があがり、2人が行方不明となったものでした。
ただ、大幅な定員オーバーで出港したため、正確な数は分かっていないようです。
しかし、この事故は日本海難事故史上2番目といわれるほどの大惨事でありました。
民心を動揺せしめるという理由から、報道管制が敷かれたため事故の詳細をつかめていないようです。

■ 垂水丸
昭和19年2月6日午前9時55分のことです。
垂水汽船所有の第六垂水丸122トン・定員350名が、乗客およそ700名以上を乗せて垂水港を出発。
桟橋を離れ、エンジンを前進に切り換え鹿児島に向けて転舵。
船体は傾き復元できず、ついに横倒しとなってしまいました。
さらに半転、赤い船底を海面に出すと、出向直後の桟橋はたちまち修羅場と化したのでした。

転覆と同時に上甲板にいた人は海に放り出され、岸まで泳ぐ人、漁船に救助された人もありました。
しかし、船室内にいた殆どの人たちは脱出できず命を落としてしまいました。

当時、「ガソリン一滴は、血の一滴」というスローガンのもと、自動車は木炭ガスで走り、船は航海数を極限まで制限させられていました。
また、この日はちょうど鹿屋・垂水に航空隊が、鹿児島市に西部十八部隊、県内に積兵団が駐屯していました。
関係者や応召兵の面会人などで人の往来が多く、そのうえ日曜日であったことから垂水丸は船室から上甲板まで超満員であったそうです。

船長以下船員たちは、定員以上の乗船は危険と知っていました。
しかし、日限に制約のある応召軍人などのため、少々の定員超過は公認とされていました。
定員350名の船に倍以上の700名を超える人々が乗船したことで、垂水丸は転覆してしまったのでした。
先にも触れましたが、戦時中のこともあり、正確な遭難者の数が発表されることはありませんでした。
posted by ぶらかご.com at 00:03| Comment(0) | 鹿児島の災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。