2014年12月20日

与次郎砂漠

与次郎ヶ浜が今のように賑わうようになったのは、大げさにいえばフレスポが出来てからのような気がします。
筆者のチンケな経験からいうと、パチンコ店と飲食店・ミスミ・サンキュー与次郎店に行くぐらいのものでした。
サンロイヤルホテル前にあった「ハンバーグレストラン・アーリー」に、2,3度行ったような気がします。
与次郎ではもっぱら、グラハン・太郎・第五富士といったパチンコ店に行く程度でした。
その頃の与次郎は、空き地が点々とした中途半端な場所であったようなきがします。

さて、埋め立て後の与次郎ヶ浜が本格的に開発され始めたのは、太陽国体が終わった昭和47年以降のことになるそうです。
南日本新聞が平成13年に連載した「与次郎埋め立て 新開地にかけた夢」をもとにして与次郎ヶ浜の開発を見ていきます。

平成13年の与次郎ヶ浜の様子
平成13年5月23日の南日本新聞「理想と離れた人口の町−観光のシンボル」に、当時の与次郎ヶ浜の様子が次のように記されています。

「外壁を覆う雑草やツタの下に「ゲームセンター」の看板がのぞく。鹿児島市の与次郎ヶ浜地区の一画に廃墟のようなビルが建つ。入口をくぐると、思いがけないしゃれた中庭がある。レンガが敷かれ、中央に2本の木が陰をつくる。かつてはディスコなど10軒ほどがあったというが、今は1棟だけが営業をつづけている。

記事に言うレンガの敷かれた建物とは、おそらく「競技場北門前交差点」脇に建っているビルのことかもしれません。
地下と1階にゲーセンがあったような気がします。
記事は、また次のように続きます。

鹿児島ベルコモンズ
「今では完全に姿を消したが、海辺には“鹿児島ベルコモンズ”という最先端のファッション街もあった。開業は76年。東京のアパレル会社の運営で40店あまりが並んだ。
白い壁にオレンジ色のかわら屋根、半地下や2階など起伏のある複雑な構造で、ぶらぶら歩きをしながら買物を楽しめた。
地中海風の夢のような街だった

ネット上に鹿児島ベルコモンズの写真がありましたが、行った覚えが微かにあります。
なにせ小さい頃のこと、ファッションとかに興味がなかったのでしょう、覚えていないのです。残念。
鹿児島ベルコモンズ跡地は、テニスやバスケットの屋内コートなどのレジャー施設になっているそうです。

同連載、平成13年5月29日紙面に鹿児島ベルコモンズを西側上空から撮影した写真が掲載されています。
ベルコモンズはひとつの大きな建物ではなく、大小いくつもの建物が集まって建っているようにみえます。
また周辺にベルコモンズ以外の建物はなく、空き地ばかりであったようです。

与次郎砂漠
同連載、平成13年5月29日号。
「1972(昭和47)年の太陽国体を大成功で終え、いよいよ本格化するはずだった与次郎ヶ浜開発はオイルショックでつまずく。
観光施設への銀行融資が厳しくなり、土地を購入した企業も建設を見送った。広大な空き地にペンペン草が生え、風が吹けばシラスが舞い上がる街は“与次郎砂漠”呼ばれた。」

与次郎ヶ浜を問題視した『フレッシュ南日本』というミニコミ紙が発行されていたそうです。
政党や団体とは関係なく、地域に根ざした話題と届けようと創刊。
1976年から約10年間、月二回1万部発行。
発行人によると、「与次郎問題はタブーで、マスコミも追及しなかった。とことんやって問題提起しよう、と意気込んだ」そうです。


南日本新聞「与次郎埋め立て新開地にかけた夢・開発先行、ずさんな計画」に、鹿児島大学の教授はが与次郎ヶ浜開発問題を次のように分析しています。
「行政主導で利用計画より先に埋め立てを決めた。鹿児島は特に民間の活力が弱く、実需がないところで行政が先行してしまう。公共事業だのみということになる。」

するどい指摘です。
祇園の洲埋立などは上町地区振興を目的とするものであったそうですが、結果はどうだったでしょう。
教授の指摘どおり、鹿児島の開発事業は利用目的よりも公共工事を行うことに重きがあるようです。



posted by ぶらかご.com at 21:00| Comment(3) | 戦後の鹿児島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする