2014年12月31日

マリンパーク

与次郎ヶ浜のところで記述するつもりだったのですが、すっかり忘れていました。
いま市民文化ホールの裏手辺り、長水路のところに“マリンパーク”と呼ばれる施設がありました。
クリーム色の塔先端に、サッカーボールのような球体が刺さったような形で、塔へ行くには、鉄製の橋を渡った覚えがあります。
また、長水路のなかでは足漕ぎのボートがあったと思います。
小さいころの記憶のため、かなり曖昧で申し訳ありません。

かごしま市民の広場』、昭和47年8月1日号と昭和46年1月1日号にマリンパークの図面や画像などが掲載されています。興味のある方はアクセスしてみて下さい。

かごしま市民の広場より
記事によると、「与次郎ヶ浜は、市民のレクリエーションセンターとしてまた、観光・スポーツセンターとして、埋立後、施設の整備が、着々と進められていますが、その中でもシンボルタワーと海中レストランは、世界でも珍しい施設ということで、市民のみなさんに最も期待されているものです。」

「このシンボルタワーは、埋立地の先端、外部護岸と内部護岸にはさまれた幅50m、延長1600mの長水路中央部に建てられ、タワーの海中部分がレストランになっています。
構造は、鉄骨鉄筋コンクリート造りで、塔の高さは海面の上が47.3m、海面の下が9.7mです。
タワーは大きく分けて4つの部分、すなわち、連絡橋を含む一階部分、展望台、頭部のシンボル球、海中のレストランと回廊に分けられます。」とあります。

確か、塔の部分は濃い白かクリーム色だったような気がします。
建設工事は昭和46年5月から始まり、翌年10月の国体前に終わったようです。
ちなみに、総工費8億5000万円であったそうです。
同紙に、マリンパーク内部に関する記事が次のように記されています。

シンボルタワーと海中レストラン
内部護岸から連絡橋でシンボルタワーへ
「シンボルタワーへは、内側の護岸からタワーにかけられている幅2m、長さ11.4mの連絡橋から渡って入ります。
そこが1階部分で、エレベーターホールや調理室があります。エレベーター(定員15名)はタワーの中心部を上下し、展望台から海中レストランまでを連絡します。」

海上16メートルに展望台と喫茶室
「1階からエレベーターで上ると海面から16.5mのところに面積221.6uの展望台と喫茶室があり、ここからはタワーをはさむ長水路はもちろんのこと、全面には雄大な桜島や錦江湾、うしろには与次郎ヶ浜埋立地の全景が望めます。
一般の人がのぼれるのはここまでで、その上はエレベーターなどの機械室になっています。」

当時の画像をみると、県立陸上競技場と球場、サンロイヤルホテルが建つだけの淋しい風景が広がっていたと思われます。

七色に輝く頭部のシンボル球
「タワーの先端には、アルミ製の32面鏡になった直径6.8mのシンボル球が取り付けられ、晴れた日には太陽光線を受けて七色に輝きます。
また夜間には、外部から照明を当ててその姿を、夜空にくっきりと映し出します。」

筆者がサッカーボールのような球体と思っていたのは、アルミ製の32面鏡だったようです。

泳ぐ魚を見ながら食事が楽しめるレストラン
記事によると、「次にタワーの下の海中1,2階はレストランと回廊があり、一番のみどころ。レストランと回廊の外側の壁には、1階部分に縦1m20p、横90cmの角形の窓、2階部分に直径90cmの円形の窓がそれぞれ36個取り付けられ、レストランからは海の中を泳ぐ魚を見ながらお茶や食事が楽しめます。

この窓はアクリル系のガラス4枚を合わせた薄さ7.6cmの特殊なもので、ガラスのくもりや水圧など、機能と安全を十分に考慮してあります。

一方、海中には水中照明灯が適当な箇所に配置され、夜でも窓から海中の自然が眺められるようになっています。
このほかの施設としては、非常用をかねた幅1.5mのらせん状階段が、海中2階から展望台までつけられているほか、防火・防水ドアや非常口が各所に設けられているなど、防災面の設備も完備しています。」と記述されています。

『かごしま市民の広場』昭和47年8月1日号の冒頭に書かれていますが、マリンパークは観光鹿児島の新名所としての役割を果たすはずでした。
筆者が再びマリンパークを訪れたときは、閉鎖寸前だったようです。
水槽にはクラゲと海藻が漂っているだけでした。
いつの間にか施設は跡形もなく無くなり、その場所も思い出せなくなってしまいました。




posted by ぶらかご.com at 00:21| Comment(1) | 戦後の鹿児島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。