2015年01月26日

朝鮮陶工と薩摩焼

豊臣期に起こった朝鮮の役後、九州や長州などの大名たちはこぞって陶工たちを連れて来ました。渡来の時期については各藩によって異なっているようです。肥前では文禄年間、豊前・筑前では慶長年間に渡来したという説が有力だそうです。
薩摩にあっては、文禄の役の際に若干の者が来ているようですが、渡来陶工の大多数は慶長3年(1598)頃に渡来しているようです。
その後、陶工たちは単なる捕虜ではなく、技術者として破格の待遇を受けていたそうです。

薩摩のはじまり
陶工の上陸地、渡来数、氏名などについては諸説あって必ずしも一致していないそうです。
ここでは『江戸時代人づくり風土記㊻鹿児島』を参照しました。
慶長3年(1598)、朝鮮陶工たちは四つの地点に上陸したそうです。
1.串木野市島平に43人
2.旧東市来町神之川に10人余り
3.鹿児島市の前之浜(旧喜入町の前之浜ではありません)に20人。
  この20人は、高麗町(鹿児島市)に住むようになったようです。
  この中に李金光という人物がありましたが、朝鮮国王の親族ということから朝鮮へ送り帰したそうです。
4.旧加世田市小湊に数人の陶工とその家族

渡来した陶工たちに、しばらくの間援助が差し伸べられることはなく、大変な苦労をしたようです。
というのも、当時の薩摩は朝鮮出兵の後始末、庄内の乱、関ヶ原の戦後処理など問題が山積していたからでした。
それでも、串木野に上陸した43人は自活していったようです。

薩摩焼最初の窯と苗代川
串木野島平に上陸した43人は、農業のかたわら島平東方の丘陵地に「串木野窯」を開きました。
慶長4年のこと、これが薩摩焼最初の窯となるそうです。
しかし、半農半陶の生活は周辺住民との間に諍いを生むようになったそうです。

慶長10年頃、串木野窯を操業しながら、周辺で粘土や釉薬となる原料を探していました。
そうして、苗代川を新たな移住地とし、藩の保護を受けて朝鮮式の「元屋敷窯」を築いたそうです。
翌年には朴平意が庄屋となり、陶工たちの生活はしだいに安定していきました。
元和2年(1616)には、苗代川の陶工3人を琉球へ派遣して琉球焼の指導に当たらせました。琉球王尚豊が、陶工派遣方を薩摩に要請したものだそうです。
琉球へ渡ったのは張一六・安一官・安二官の3人。
このうち張一六だけは琉球に残り、名前を仲地麗伸(なかちれいしん)と改めました。
仲地は雍正8年(享保10)、新禄を賜ったそうです。

元和9年頃、朴平意の長男貞用(ていよう)は白薩摩の原料を薩摩で発見するに至りました。原料となる粘土には指宿の白土と加世田の軟弱陶石、釉に津貫(南さつま市)の京之峯石を発見、白薩摩の製造が可能となったのでした。

寛文9年頃になると、相当安定したらしく、藩は城下高麗町にいた25家族の生活を安定させるため苗代川に移住させました。ここに「五本松窯」を築かせたそうです。
寛文12年頃には、苗代川の中心となる御仮屋が設けられ、藩主島津光久公がたびたび訪れるようになったそうです。

その後、苗代川は活況にあふれるとともに人口も増えてきました。そこで藩では、宝永元年(1704)34家族160数人を鹿屋笠野原に移住させ、「笠野原窯」を築かせたそうです。
苗代川は、藩直営の窯として操業され、製陶技術の開発が進んでいったようです。
そうして白薩摩や黒薩摩のほかに染付白磁も焼いていたそうです。

これ以降も明和元年(1764)の御定式窯、弘化3年(1846)の南京窯の築造がありましたが、廃藩によって保護がなくなり頓挫してしまいました。
明治にはいると玉山陶器会社という組織をつくりましたが、西南戦争に陶工たちが参加して戦死したことによって壊滅的な影響を受けてしまいました。
しかし、沈寿官や鮫島訓石、東郷寿勝などの窯から、慶応3年(1867)のパリ万国博覧会へ朴正官の大花瓶を出品。
また明治6年(1873)のウィーン万博博覧会に沈寿官の大花瓶の出品などによって、薩摩焼は欧米で大人気を得たそうです。

この他に竪野窯(鹿児島市)にありましたが、それについては以前ふれましたので、そちらを参照ください。
この他にも、西餅田系・龍門寺系・平佐系といった系統があったようです。
これらにつきましては、後日あらためて触れてみたいとおもいます。
posted by ぶらかご.com at 22:00| Comment(0) | 鹿児島城下周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

島津義弘公と茶陶

関ヶ原の戦後処理が一段落した慶長7(1602)年、薩摩藩は本格的に薩摩焼育成に着手したようです。
帖佐にもどった義弘公は、朝鮮陶工の金海を招きました。
慶長7年、近海は藩主の命を受け尾張瀬戸へ赴き5年間滞在し薩摩へ帰って来ました。
宇都窯を開くと、古帖佐物として後世の茶人が珍重する焼物をつくりだしたそうです。

慶長13年、義弘公が居城を加治木へと移したため宇都窯は閉じられてしまいました。
金海は新たに加治木反土に、藩主の御用窯である「御里窯」を開きました。
この窯は存続期間も長く、金海も長期の旅に出ることがなかったため、数多くの焼物が生み出されたと考えられています。
ここでは、茶碗・茶入・火計り手・御判手など藩主好みの茶陶を作っていたそうです。

茶人、義弘公
政権を運営するなかで“茶の湯”を重んじた織田信長と豊臣秀吉。
この頃、千利休が完成させた「侘び茶」は諸大名の新たな素養のひとつになっていました。
薩摩では当主の島津義久公、弟の義弘公、老中の伊集院忠棟公や上井覚兼など様々な階層で茶の湯が行われていたようです。

なかでも義弘公は、千利休に師事していたようです。
薩藩旧伝集に、「惟新公は千利休より茶の湯御伝受被遊候、白濱覚左衛門御側に被勤御相伴弟子也」とあって、利休に茶の湯を伝授されたことが記されています。
当時茶の湯は政権と結びつく場として、腹の探り合いをする場にもなっていたと思われます。また、茶道具は外交的に重要な贈答品でもあったようです。
茶入という濃茶をいれる小さな器がありますが、なかでも唐物茶入は戦国時代にあっては一国一城にも匹敵したそうです。
荒木村重が茶道具をもって毛利を頼り尼崎に走ったのも、この辺にあるかもしれません。

薩摩茶入
関ヶ原戦後、義弘公は一度も上洛しませんでした。
薩摩と幕府との正式なやりとりは、幕府取次役山口直友と義久公・忠恒(家久公)との間で行われていました。
しかし義弘公は、山口直友など幕府重臣や茶の湯関係者との間で茶陶をめぐる交流を行っていたようです。

慶長7年には山口直友が型見本とともに肩衝(かたつき)を所望しており、義弘公はこれに応えて2つを送っているようです。
翌年には宇治の茶師の間で、茶壺が好評であったそうです。
慶長9年には、茶の湯の巨匠であった古田織部が薩摩茶入の焼きぶりを褒めるという支持を受けました。
すると、数寄者や在京の人々が薩摩茶入を欲しがるという状況になりました。

茶の湯の大家であった古田織部の評価が、薩摩茶入の評判にも大きな影響を与えることになりました。
義弘公は織部の批評を陶器づくりに生かしたことと思われます。
のちに秀忠上洛以降、島津忠恒(家久公)との親交も深まっていることから、古田織部の果たした役割は相当大きいものであったようです。

【 肩 衝(かたつき) 】
茶入の形状のことで、肩の部分が角ばっている、すなわち肩が衝(つ)いていることに由来するそうです。
肩衝の形態には、肩のつきかたで「一文字」、「怒肩」、「撫肩」などがあります。
また、茶入の大きさにより、大きいものを「大肩衝」、小さいものを「小肩衝」といい、丈のつまったものを「半肩衝」と呼ぶそうです。

翌年のこと、「徳川秀忠が将軍宣下のため上洛することになり、薩摩茶入をご覧になるかもしれないという」書状が山口直友から義弘公に届きました。
書状を受けて領外への持ち出しが、一時的に差し止められることになりました。
秀忠が上洛する直前に、上覧するための肩衝茶入を送るようにとの書状も届いているそうです。
山口直友協力のもと、入念な準備を進めていたと思われます。

将軍宣下のひと月後、古田織部が上洛中の島津忠恒公を茶席に招きました。
その5日後には、将軍秀忠が忠恒公を招き自ら茶を振舞ったそうです。
忠恒が家康から一字を拝領して「家久」と名乗り、義弘公が許されるのは慶長10年のこと。
当時は未だ薩摩藩の行く末が不安定な時期にありましたが、忠恒は正式な場で中央政権の人々と交流していたのでした。
また、義弘公は薩摩に居ながらにして「茶入」を通して外交を行っていました。
茶道具は薩摩藩の外交戦略上、ひとつの要として機能していたようです。

■ 義弘公の死後
元和元年(1615)、大阪夏の陣で豊臣氏が滅亡すると状況は大きく変化してしまいました。
古田織部は豊臣氏と内通したという嫌疑によって切腹、その5年後には義弘公も亡くなってしまいました。
ふたりの死によって、薩摩茶入は政治の表舞台から姿を消していったと考えられています。

幕府は武家諸法度を発布、法による武家統制を強化していきました。
毎年定められた時期に国元の産物などを献上する例年献上が増え、書状のやりとりも定型していったそうです。
こうして、外交上において茶の湯の重要性はしだいに減少し、政権中枢との私的なやりとりも減少していったと考えられています。

政治の表舞台から姿を消した義弘公、陶器づくりを主導し、政権中枢の人々に薩摩茶入れを盛んに贈呈。
茶の湯を通じて外交を展開し、徳川政権との信頼回復を図ろうという狙いがあったのかもしれません。

posted by ぶらかご.com at 22:34| Comment(0) | 鹿児島城下周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

茶碗屋馬場(ちゃんやんばば)

長田町の高野山を出て、今回は同町の「茶碗屋馬場」に行ってみました。
そこには鹿児島ロータリークラブの建てた石碑があるはずでしたが、以前訪れたときは見つけることができませんでした。
今回ようやく、石碑を見つけることが出来ました。

tyawanyababa1.jpg

『古地図にみる鹿児島の町』によると、茶碗屋馬場東南側の緩やかにカーブした上り坂は「ハンズン坂」と呼ばれていたそうです。
「ハンズン」は半胴・半斗などと書き、台所などに水を汲み、ためておいた焼物の“かめ”のことだそうです。

nagatatyou10.jpg

藩政時代の古地図などによると、長田町周辺は高い身分の者の屋敷や士屋敷が建っていたようです。
茶碗屋といっても商店が並んでいたわけではなく、陶器を焼く窯に因んでいるようです。
かつて茶碗屋馬場の山手側には、敷地面積600坪の「焼物方御用屋敷」がありました。
また、興国寺墓地近くには竪野窯または冷水窯と呼ばれる藩主専用の御庭焼窯があり、そこで焼かれた焼物を「竪野焼」と呼んでいたそうです。

竪野窯(冷水窯)
竪野窯の起源は、豊臣期朝鮮に出兵した島津義弘公が朝鮮陶工を連れ帰ったことにあります。文禄・慶長の役は、「焼物戦争」とも言われているそうです。
慶長3(1598)年8月、帰国命令がでると大名たちはこぞって朝鮮陶工を国元に連れ帰りました。
義弘公だけでなく、黒田長政や毛利輝元なども朝鮮陶工を連れ帰っているそうです。
この時期から朝鮮陶工たちは、有田焼や上野焼、高取焼、高田焼、萩焼などを始めています。

【 秀吉、茶の湯の御政道 】
島津氏と茶の湯の関わりは室町時代にさかのぼるそうです。薩摩では戦国期から当主の島津義久・義弘を始め老中の伊集院忠棟、上井覚兼といった上級家臣を中心に広く、茶の湯が受容されていたそうです。

豊臣秀吉の時代、茶の湯は講和や外交の場として、また名物茶道具で飾られた茶室は視覚的に権力を誇示し、主従関係を確認する場にもなっていました。
茶の湯は、政権と結びつく回路としての役割を果たし、茶道具は外交戦略上、重要な贈答品にもなっていました。
朝鮮の陶工を自国に連れてきた背景には、茶器の自国生産と産業の振興という側面もあったようです。

【 薩摩での陶器生産 】
朝鮮から帰国した義弘公は、薩摩に帰ることなく関ヶ原の戦いに参戦、西軍に与したことから敗北を喫してしまいました。
島津忠恒公が上京して所領を安堵され、戦後処理が一段落したのは2年後の慶長7(1602)年4月のことでした。
薩摩藩が薩摩焼育成に本腰をいれるのは、この後のことであるようです。

帖佐の居館に戻った義弘公は、朝鮮陶工の金海に宇都帖佐窯を慶長6年頃に築かせました。
義弘公、金海をとても寵愛していたらしく、士籍に列し、「星山仲次」の名を与えています。
金海の子孫は代々、仲次を名乗ることを許されました。
翌7年には金海を尾張瀬戸へ5年間の修業に派遣。
帰国後、金海は古帖佐物として後世の茶人が珍重する茶入などを焼成しました。
慶長13年、藩主義弘公が居城を加治木に移したため、宇都帖佐窯は廃窯となりました。
金海は加治木反土に、藩主の御用窯である「御里窯」を築きました。
加治木に移住して12年後の元和5年(1619)7月21日、義弘公は亡くなってしまいました。
御里窯は、藩主の死によって閉じられることになりました。

次の藩主家久公は元和6(1620)年7月、金海を鹿児島に呼び寄せ、竪野冷水に藩主専用の窯を築かせました。それが竪野窯または冷水窯になります。
金海はこの窯に帰化朝鮮人申主碩(帰化名、田原友助)と弟の申武信(帰化名、田原万助)を推挙して製作にあたらせました。
金海は新しい窯に移ってまもなく、元和7年12月、52歳で死去。
息子の金和が、二代目星山仲次を名乗って家業を継いでいます。

この窯は、家久公や光久公の命によって肥前・京都などに陶工を派遣して、新たな陶法導入にどん欲に努めました。
技術の導入・開発によって薩摩錦手と呼ばれる独特な焼物が生み出されました。

隆盛をきわめた竪野窯、幕末磯別邸での御庭焼開始、薩英戦争での罹災によって終に廃絶してしまったそうです。
現在、この窯址は住宅地となっているそうです。
posted by ぶらかご.com at 23:09| Comment(0) | 鹿児島城下周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。