2015年06月26日

昭和20年、連合軍のうごき

1945年3月、連合軍はフィリピンのルソン島と硫黄島攻略をほぼ完了させました。すでに日本上陸作戦である「ダウンフォール作戦」も立案し、沖縄本島に狙いを定めました。
当初、連合軍は台湾を攻略、拠点化して沖縄へ進攻する予定でした。
ルソン島を占領すれば、台湾を無力化できると考え、攻略を中止しました。
連合軍は、日本本土空襲をするための拠点を沖縄本島に求めたのでした。

アイスバーグ作戦(沖縄攻略作戦)
連合軍が沖縄に注目したのには、大きく二つの理由があったようです。
ひとつ目は、沖縄を確保すれば、台湾・中国沿岸・日本本土のすべてをB29はじめ、中距離・重爆撃機などあらゆる種類の航空機の行動範囲内に入ることを意味していました。
二つ目は、当時沖縄は日本の重要な中継地であったこと。
アメリカ軍は開戦当初から、「戦争経済」という観点から戦略を立てていたようです。
と言うのも、アメリカ軍は日本経済に対して次のような認識を持っていました。

「世界の大国のなかで、日本ほど海上輸送に依存している国は他に例がない。日本は島国であり、しかも需要が国内生産をはるかに超えている。そのため日本は、その経済生活を維持するには常に海外から大量の物資を運ばなければならない。さらに日本は大小の島々からなっているので、国内の物資移動も大部分を海上輸送に頼らざるを得ない。加えて人口が多く、資源が乏しいため資源の海外依存度はきわめて大きい。」

アメリカ軍は、開戦当初から日本の輸送船を執拗なまでに攻撃し、沈めていきました。
南方からの資源を断たれれば、日本の軍需生産は簡単に滞ってしまうことを見抜いていたようです。
アメリカ軍の戦略は、日本経済のもつ弱点を徹底的に突くことにありました。

昭和20年3月18日以降、日本の各地で米軍戦闘機による爆撃や機銃掃射が行われるようなりました。
『私の町も戦場だった』をご覧になった方もおられるかと思います。
列車や鉄道施設など輸送施設に対する、機銃掃射はアメリカ軍の戦略のひとつでありました。
この頃の米軍による爆撃の目的は、沖縄攻略支援にありました。
しかし沖縄攻略が完了すると、鹿児島・宮崎への空爆は、オリンピック作戦に向けてのもに変わっていったようです。

■ 艦載機の出現
昭和20年3月14日、空母12隻を基幹とするアメリカ第58機動部隊はウルシー環礁を出撃。3月18日、日本近海に現れると九州や瀬戸内海周辺の飛行場や艦隊などに対して、空襲を開始しました。
また、マリアナ諸島のB29の部隊にも九州各地の飛行場への爆撃命令が届いていました。
特攻隊の出撃基地となっていた大刀洗(たちあらい・福岡県)や鹿屋など九州各地の飛行場への攻撃を、3月27日から5月11日までおこなっています。

【 3月18日、鹿児島県の空襲 】
鹿児島県下では、鹿屋・笠野原・串良・国分・鹿児島・知覧・出水・種子島の航空基地や高山町波見・内之浦町岸良・垂水の海潟造船場・今和泉(指宿市)・山川港・阿久根・西之表などが空襲されました。

なかでも海軍最大の特攻出撃基地であった鹿屋は、この日だけで20回もの攻撃を受け、最大の被害を受けたようです
鹿屋基地は徹底的に攻撃を受け、終戦までに286回もの空襲を受けたそうです。

鹿児島市内では、郡元町にあった鹿児島海軍航空隊が空襲を受けています。
予科練生の体験記によると、この日、6、7回の攻撃を受けたそうです。
次回は、昭和20年3月18日の鹿児島航空隊に対する空襲について触れてみます。
posted by ぶらかご.com at 01:48| Comment(3) | 鹿児島の近代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする