2016年05月05日

加治屋町の読み方

 つい先だって、いづろの電停から「谷山行き」の電車に乗ったところ、高見馬場交差点を直進したのでした。内心焦りつつ、電光掲示板に目をやると「谷山行き」の表示。
乗り間違いではないらしい。十数年ぶりに乗った2系統の電車でありました。
しばらくして、電車が郡元の交差点を右折する段となり、「中央駅経由谷山行き」であることにようやく気づいたのでした。
 
以前、『加治屋町の呼び方』で取り上げたところですが、書き改めてみました。

■ カジヤチョウ
 焦りつつ乗っていた電車が、「加治屋町電停」に差し掛かったときのことである。
運転士さんは「カジヤチョウ」と案内。電停の看板に目をやれば、「kajiya-cho」の文字。
以前乗ったときは、「カジヤマチ」と呼んでいたと思うのですが、そこで加治屋町の読み方について調べてみることにしました。

■ 鍛冶屋町
 『鹿児島市史こばなし』に加治屋町について次のような話が掲載されていました。
「内城即ち大竜寺屋形が慶長七年鶴丸城に移ったころ、この地一帯は鍛冶屋が多く鍛冶町とよばれていた。のちこれがなまって加治屋町となる・・・」

鶴丸城建設と御城下の整備、甲突川の付け替えなどの大規模工事によって、鑿や鉋などの道具の需用はかなり高かったと思われます。相当数の鍛冶職人がいたかもしれません。
加治屋町は歴史ある古い町名のようです。

薩藩沿革図をみると、「上之加治屋町」と「下之加治屋町」に分かれていたようです。
天文館方面から見て、今の電車通りを境に右手が「上之加治屋町」、左手が「下之加治屋町」と記されています。
西郷さんをはじめ、大久保利通や大山巌などの偉人を数多く輩出したのは「下之加治屋町」になります。

■ カジヤマチ
『勝目清遺稿集鹿児島つれづれ草』(昭和48年)に、加治屋町の呼び方について次のように記しています。

「昔は上の加治屋町と下の加治屋町と2つに分かれていて、「ウエン、カンジャマッ」「シタン、カンジャマッ」とそれぞれ呼んでいました。それが合併して「加治屋町」と書くようになって、「カンジャマッ」と呼んだのです。
私は77歳ですが、若い頃から「カンジャマッ」と呼んでいました。「カジヤチョウ」とは言いませんでした。いつごろからともなく、「カジヤチョウ」と呼ぶようになったのではありますまいか。
加治屋町の呼び方は、鹿児島語では「カンジャマッ」、標準語では「カジヤマチ」と呼ぶのが固有の呼び方であります。」

 加治屋町の本来的な読み方は、「カンジャマッ」「カジヤマチ」であるようです。下之加治屋町出身の偉人さんたちも、「カンジャマッ」と呼んでいたかもしれません。
また加治屋町電停の呼び方について、同書は次のように記しています。

「以前、市電停留所名は柿本寺通りと呼んでいたのを、西郷・大久保両先輩に縁故深い加治屋町と呼ぶことに変更したとき、昔のとおり「カジヤマチ」と呼ぶようにしてもらったのであります。」

 筆者がおぼろげながら覚えていた「カジヤマチ」には、上記のようなこだわりがあったようです。

■ 余 談
「カジヤマチ」と呼んでいた証拠はないかと思い、期待をもって、アメリカ陸軍が1945年に作成した鹿児島市地図をみてみました。「KAJIYACHO」とローマ字表記。んー残念。







posted by ぶらかご.com at 04:32| Comment(6) | 地名・町名にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。