2016年07月22日

永吉と”なげし”

今年1月22日付朝日新聞に、大崎町の「永吉天神遺跡」で中世の地下式坑が発見されたという記事が掲載されていました。この時代の地下式坑が確認されたのは、南九州で初めてだそうです。
遺跡もさることながら、永吉という地名が気になったため、すこしばかり調べてみました。

1.曽於郡大崎町永吉
『角川日本地名大辞典46鹿児島』(角川書店・昭和58年)は、次のように記しています。
「田原川支流持留川右岸の台地上に位置する。西南部の上永吉・中永吉の一帯は、上古愛之原と唱来ると申伝」とあって(大崎名勝志)、『三国名勝図会』に見える藍之原と呼ばれる平原に当たり、土地の人は可愛原(えのばる)と呼んでいる。
牧之内・舟迫・干草など、牧にちなんだ地名が多く残り、往古より牧場の盛んな地帯であった。」

また、永吉という地名は南北朝期から見られるようですが、地名の由来については不明のようです。
前掲の地名辞典は、「当地は天正元年、肝付の乱の功で都城領主北郷時久に加封された。その後、天正15年伊集院忠棟に与えられたが、庄内の乱後は島津氏直轄となり、垂水島津家の持切在となった。村高は天保郷帳によると1,346石余、旧高旧領では2,094石余。」とあります。
おそらく、この地は早くから経済的価値のある土地であったかもしれません。

『寛政十二申年写之 諸郷村附浦附 盛香』によれば、「なげし」と読み仮名がふられています。前述の朝日新聞では、「ながよし」とルビがふられていたことから、今では「なげし」という呼び方はなくなっているのかもしれません。

 この際なので、永吉の地名と読み方についてあと二つほど触れてみます。

2.日置市吹上町永吉
『日本歴史地名大系47鹿児島県の地名』(平凡社1998年)によれば、「中世日置南郷の地で、天文2年島津忠良と貴久が、当地の南郷城城主桑波田孫六を攻略した際、永吉と改めた。永吉は美称であろう。直ちに貴久の弟が領主となり、以後戦国島津氏の直轄地で、有力武将が地頭となった」とあります。

また、『鹿児島大百科事典』(南日本新聞社1981)によると、「16世紀のはじめここを領有した島津忠良が“永久に吉地たれ”とこの名をつけたという。」
ここの「永吉」という地名もまた、鹿児島市永吉町と同じく美称のようです。
つらつら考えるに、永吉という地名は古くから豪族たちが争うほどの経済的価値の高い土地であったかもしれません。

さて、ここの「永吉」の読み方です。
『寛政十二申年写之 諸郷村附並浦附 盛香』によれば、「ながよし」と読み仮名がふられていました。この地では「ながよし」と呼び、「なげし」ではなかったようです。
余談になりますが、当地は意外な食べ物の故郷であったそうです。

【ハヤトウリ】
筆者にとって苦手な食べ物、ハヤトウリ。てっきり、鹿児島原産の食材と思っていましたが、メキシコ原産だそうです。
また日置郡吹上町永吉は、ハヤトウリを日本で初めて栽培した地でもあるそうです。
『鹿児島大百科事典』は、次のように記しています。

「メキシコ原産のウリ科・ハヤトウリ属の多年生草木である。熱帯では果実および塊根を食用あるいは飼料用として利用する。(途中省略)
わが国での栽培は1917年(大正6)に本県の矢神という人が米国から持ち帰って日置郡永吉村で試作したのが最初である。この種子を鹿児島市の島津隼彦が譲り受け邸内で試作したところ多数の着果を見た。
当時設立されていた鹿児島園芸談話会に紹介したところ、同会の会長であった鹿児島高等農林学校長・玉利喜造博士はこれに薩摩隼人にちなんで隼人瓜と命名し、この名が生まれた」

筆者が抱く当地のイメージは、田園風景の広がるのどかなものでありました。同地には埋もれた歴史のようなものがまだまだあるかもしれません。
同地のことを調べるうち、「おもいで館」のソバを食べたくなってきました。

3.指宿市の新永吉
鹿児島市内から国道226号線を南へくだり、指宿市の田口田交差点を右折。道なりに進み、山道を走りメディポリス入口を通過し、池田湖方面へすこし下ったところに「新永吉」という集落があります。

当地では、「新永吉」と書いて「しなげし」と呼ぶそうです。
指宿市在住の親戚5人(いずれも70代)に新永吉の読み方を尋ねたところ、全員が「しなげし」と答えてくれました。

集落の裏手には、切り立った断崖がそびえています。地学に興味のある人は、いいフィールドワークになるかもしれません。

IMG_4680.JPG

市内巡回バスのバス停を見ると、「しんながよし」と読み仮名がふられていました。
どうも行政の方は、「しんながよし」と呼んでいるのかもしれません。残念な気がする。

IMG_4678.JPG

南九州の地名』(青木昌興・2008年)によれば、地名には地籍地名と通称地名に分けることができるそうです。
地籍地名は地籍図に載っているもので、さらに自然地名と文化地名に分けることができるそうです。
通称地名は地図に載っていないが、人々が日常的に俗称と使っているものであるとありました。

「なげし」や「しなげし」は通称地名になると思われますが、時とともに無くなってしまうものかもしれません。
できることなら、庶民たちが言い伝えてきた呼び名を残してもらいと思うのです。

















posted by ぶらかご.com at 00:46| Comment(0) | 地名・町名にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。