2014年11月29日

明治32年8月14・15日の風水害

明治32年8月14・15日、鹿児島を襲った台風は、強い風と雨をもたらしました。
中心気圧は960mb以下を示し、最大風速49.6m、2日間の降水量89oを記録しました。
鹿児島県本土は台風の進路の右側に当たり、かなり強い風と雨であったと思われます。
鹿児島県全体の被害は、全壊家屋16000戸・船舶流出破損320隻・家屋破損浸水317戸・橋流出14ヶ所にのぼりました。
当時の様子を、『鹿児島市史(大正5年刊)』から見てみます。

鹿児島市史より
8月14・15日の2日間、鹿児島市は未曽有の大暴風に見舞われました。
14日未明から天候は異常を示し、午前9時30分中央気象台は海陸の警戒報を発令しました。
同日の夕方、にわか雨が降った後、東から西に怪しい気配の雲が流れ始めました。
そうして、今にも嵐がやって来そうな雲行きとなりました。

14日午後11時を過ぎた頃になると、東から早い風が起こり、次いで南東からの激しい風が吹き始めました。
15日午前2時頃、風・雨ともに激しくなりました。
風が南寄りに変わると、風は激烈をきわめるようになりました。
午前3時頃、風が西寄りに変わると風力はやや弱くなり、午前4時を過ぎると風は全く収まりました。
古老が言うには「60年来の暴風なり」、というとてつもなく激しい雨風であったようです。
明治32年時点での古老ですから、江戸時代生まれの人になります。

鹿児島市内の被害状況
被害家屋1447戸(全壊916戸・半倒346戸・大破185戸)
被害船舶60隻(全破損46隻・半破損14隻)
死者10余人

この日、西田方面では倒壊家屋のほか、多数の家屋が浸水したそうです。
鹿児島市では14日の夜半から、消防組を出動させ罹災者の救助に着手。
そうして炊き出しや食糧の給与、551戸に小屋掛料を給付しました。
鹿児島測候所は、県庁へ暴風報告を提出。
この台風が、いかに猛烈なものであったかをうかがわせるものになっています。

暴風報告
『13日午前9時30分、中央気象台より海陸の警報至る。曰く「低気圧の位置は琉球北部に在りて745mmを示し、最低気圧所在地、近傍晴雨計、大いに降る。中心は北東に進む。」
と当所の晴雨計は758oを示し、その差13oなりし爾後2時該、中心は九州南西部の沖に移動して750oを示せり。

而して気圧は毎秒約1oあて累降し、風力次第に募り、午後8時より烈風となり、天候ますます険悪を示し、同11時20分台風に達し、爾後晴雨計は1時間10o前後急降し、風勢いよいよ猛烈をきわめ、翌15日午前1時ないし2時に毎秒平均速度70.9mを示し、気圧は同1時40分に723.9oの最低を示せり。

蓋し暴風の中心は当時最近距離を通過せしより、風向は該中心の経過するに従い、烈風7時より強風、午後1時疾風となり、ついに沈静せり。
急激なる気圧の変化は、本邦気象観測以来、稀有の現象にして、風勢の猖獗(激しく暴れる)なりしは石垣島において観測せし外、他にその類を見ざるところなりとす。』

明治32年の台風では、急激な気圧の変化が観測されました。
それは、日本の気象観測史上初であり、珍しい現象であったようです。
また江戸時代生まれの古老によれば、この台風は「60年来の暴風」でもありました。
また当時の鹿児島市内には木造建築の建物が殆どで、現代のものにくらべ弱い構造物であったことでしょう。

倒壊する家屋が多かったと思われますが、このときの台風の最低気圧は960mbをきったというのですから、かなり大きなものであったと思われます。
この台風被害から12年後の明治44年9月21日、非常に強い台風が鹿児島に襲い掛かりました。
この台風による雨と風によって、鹿児島市は相当な被害を受けました。
これについては次回、触れてみます。
posted by ぶらかご.com at 00:00| Comment(0) | 鹿児島の災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。