2015年04月27日

琉球口貿易と薩摩

豊臣政権や徳川政権は、海外貿易が盛んになるよう日本人の海外渡航を奨励し、外国船の来航を歓迎したようです。こうしたなか、南九州は海外貿易の中継点に位置していました。

『鹿児島県の歴史』によると、徳川家康や秀忠は海外渡航船に対して貿易活動を保護する特権を付与し、特権を与えたことを証明する朱印状を与えていました。この朱印状をもつ貿易船が朱印船である。
慶長9(1604)〜寛永12(1635)までのあいだに356艘もの朱印船が、交趾(ベトナム)・暹羅(シャム)・呂宋(ルソン)・柬埔寨(カンボジア)などへ向かったそうです。
朱印船を派遣したのは、京都の角倉(すみのくら)・茶屋、大阪の末吉、長崎の末次・荒木などの豪商やウィリアム=アダムスなどの外国人や島津、松浦、有馬、亀井、鍋島、加藤など西国の大名たちでした。
大名のなかでは薩摩藩主島津家久が9通ともっとも多く、最大の貿易大名であったようです。

鎖 国
こうした海外交易が盛んであった時代は、キリスト教禁止問題によって徳川幕府の外交方針を転換させ、元和2(1616)になるとヨーロッパ船の寄港地が平戸・長崎に限定しました。
これによって幕府は海外交易の統制を強めていくようになりました。

また元和9年、三代将軍となった徳川家光はヨーロッパ諸国の軍事力を警戒し、キリシタンの手先とみなしていました。キシリタン撲滅のためには海外交易を犠牲にすることもいとわなかったようです。

家光は政を始めて間もない寛永10年、17ヶ条からなる禁令を出しました。
これには奉書船以外の海外渡航禁止、日本人の出入国禁止などがうたわれていました。
第17条では薩摩藩と平戸藩に対して糸割符制(いとわっぷ)を適用すると記されていました。
これは薩摩藩が明国から、平戸藩がオランダから生糸を購入していためで、両藩は長崎で決定した生糸価格での取引を余儀なくされたのでした。

寛永11年には、藩主島津家久に対して領内での中国貿易を断念するよう命じました。ひとつに薩摩藩領への中国船入港が多かったためとおもわれます。
海外交易は薩摩藩にとって重要な財源でしたが、家光の命には逆らえず、中国船の領内寄港を禁止したのでした。
このため薩摩藩は、琉球での進貢貿易に力を注がざるを得なくなりました。

寛永14年の島原の乱を機に将軍家光はキリシタンを嫌悪するようになり、寛永16年にはキリスト教布教をやめようとしないポルトガル船の来航を禁止し、長崎を唯一の開港場として鎖国を行いました。
こうした幕府の海外交易の統制により、鹿児島を始めとする南九州の港は、海外交易の拠点としての機能を失うことになりました。

琉球口貿易
これより先の慶長14年(1609)、薩摩藩は琉球王国に武力侵攻。琉球進攻は領土支配ではなく、交易権を独占することが大きな目的であったと考えられています。
与論島から北は薩摩藩直轄地とし、沖縄本島から南は琉球王府を存続させて統治を委ねていました。
というのも、琉球王国で行われる朝貢貿易は、中国皇帝と琉球国王の主従関係が前提となっており、貿易を維持するには王府の存続は欠かせませんでした。
琉球王国が薩摩藩に従属していることは中国側には隠匿され、琉球王国が独立を保っていることを強調するため、琉球独自の制度・文化は維持されていました。

こうして薩摩藩は藩内に異国である琉球王国が存在するという非常に変わった形態となり、鎖国体制下でも異国である琉球王国では朝貢貿易が幕府公認のもとに行われ続けました。

薩摩藩は琉球王府を支配下に治めると、那覇に琉球仮屋を置いて在番奉行と呼ばれる役人を派遣していました。
また、琉球王府に対しては、鹿児島城下に琉球証人屋敷(のちの琉球館)を設置させました。
毎年春には年頭使を、島津家の吉凶時には特使を鹿児島に派遣するよう求めました。
これを「上国(じょうこく)」「大和上り(やまとのぼり)」と呼んでいました。
幕府も将軍の代替わりには慶賀使を、琉球国王の即位時には謝恩使を江戸に派遣させていました。これを「江戸上り」と呼んでいました。

幕府や薩摩藩は、琉球の使者に中国風の呼称・装束の使用を義務付けていました。
異国を支配していることを誇示して、自らの権威を高めるためであったようです。
また、琉球の使者を乗せた船団は、海外の物資・情報・文化をもたらし続けたのでした。

温暖な琉球王国では、芭蕉布やウコンなど日本では産出しない特産品に恵まれていました。
17世紀にはサトウキビの栽培も始まり、黒糖が薩摩藩に大きな利益をもたらすようになりました。
薩摩藩では奄美大島・喜界島・徳之島でサトウキビ増産を図るとともに、鹿児島城下に三島方(さんとうほう)と呼ばれる役所を設置して専売体制を強化しています。
このことが奄美大島や喜界島、徳之島では“黒糖地獄”と呼ばれる過酷な支配を被ることになってしまいました。

蘭癖大名
薩摩藩領は、江戸初期ころまで海外交易で栄え、鎖国体制にあっても琉球王国を介して海外の物資・情報・文化が入りつづけていました。琉球口貿易は藩の重要な財源のひとつで、海外情勢にも敏感にならざるを得ませんでした。
こうして藩主をはじめ政をつかさどる人たちは、他藩にくらべ海外の情報や文化に接する機会に恵まれていました。
海外からの情報の早さ・量ともに、優位に立っていました。
政を行うに際して、国内のみでなくもっと大きな視点を持っていたとおもわれます。

とくに島津重豪公は、蘭癖大名と呼ばれるほど海外の情報・文化に興味を示した殿様はありませんでした。
日常会話程度の中国語、簡単なオランダ語を話せたと言われています。
また歴代オランダ商館長と親交をもち、時計やオルゴール、オランウータンやイグアナなどの剥製といったものまで収集していたそうです。
重豪の息子や孫たちは、海外の情報・文化に関心を抱くのは自然なことであったかもしれません。
posted by ぶらかご.com at 23:43| Comment(0) | 鹿児島城下周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: