2015年06月26日

昭和20年、連合軍のうごき

1945年3月、連合軍はフィリピンのルソン島と硫黄島攻略をほぼ完了させました。すでに日本上陸作戦である「ダウンフォール作戦」も立案し、沖縄本島に狙いを定めました。
当初、連合軍は台湾を攻略、拠点化して沖縄へ進攻する予定でした。
ルソン島を占領すれば、台湾を無力化できると考え、攻略を中止しました。
連合軍は、日本本土空襲をするための拠点を沖縄本島に求めたのでした。

アイスバーグ作戦(沖縄攻略作戦)
連合軍が沖縄に注目したのには、大きく二つの理由があったようです。
ひとつ目は、沖縄を確保すれば、台湾・中国沿岸・日本本土のすべてをB29はじめ、中距離・重爆撃機などあらゆる種類の航空機の行動範囲内に入ることを意味していました。
二つ目は、当時沖縄は日本の重要な中継地であったこと。
アメリカ軍は開戦当初から、「戦争経済」という観点から戦略を立てていたようです。
と言うのも、アメリカ軍は日本経済に対して次のような認識を持っていました。

「世界の大国のなかで、日本ほど海上輸送に依存している国は他に例がない。日本は島国であり、しかも需要が国内生産をはるかに超えている。そのため日本は、その経済生活を維持するには常に海外から大量の物資を運ばなければならない。さらに日本は大小の島々からなっているので、国内の物資移動も大部分を海上輸送に頼らざるを得ない。加えて人口が多く、資源が乏しいため資源の海外依存度はきわめて大きい。」

アメリカ軍は、開戦当初から日本の輸送船を執拗なまでに攻撃し、沈めていきました。
南方からの資源を断たれれば、日本の軍需生産は簡単に滞ってしまうことを見抜いていたようです。
アメリカ軍の戦略は、日本経済のもつ弱点を徹底的に突くことにありました。

昭和20年3月18日以降、日本の各地で米軍戦闘機による爆撃や機銃掃射が行われるようなりました。
『私の町も戦場だった』をご覧になった方もおられるかと思います。
列車や鉄道施設など輸送施設に対する、機銃掃射はアメリカ軍の戦略のひとつでありました。
この頃の米軍による爆撃の目的は、沖縄攻略支援にありました。
しかし沖縄攻略が完了すると、鹿児島・宮崎への空爆は、オリンピック作戦に向けてのもに変わっていったようです。

■ 艦載機の出現
昭和20年3月14日、空母12隻を基幹とするアメリカ第58機動部隊はウルシー環礁を出撃。3月18日、日本近海に現れると九州や瀬戸内海周辺の飛行場や艦隊などに対して、空襲を開始しました。
また、マリアナ諸島のB29の部隊にも九州各地の飛行場への爆撃命令が届いていました。
特攻隊の出撃基地となっていた大刀洗(たちあらい・福岡県)や鹿屋など九州各地の飛行場への攻撃を、3月27日から5月11日までおこなっています。

【 3月18日、鹿児島県の空襲 】
鹿児島県下では、鹿屋・笠野原・串良・国分・鹿児島・知覧・出水・種子島の航空基地や高山町波見・内之浦町岸良・垂水の海潟造船場・今和泉(指宿市)・山川港・阿久根・西之表などが空襲されました。

なかでも海軍最大の特攻出撃基地であった鹿屋は、この日だけで20回もの攻撃を受け、最大の被害を受けたようです
鹿屋基地は徹底的に攻撃を受け、終戦までに286回もの空襲を受けたそうです。

鹿児島市内では、郡元町にあった鹿児島海軍航空隊が空襲を受けています。
予科練生の体験記によると、この日、6、7回の攻撃を受けたそうです。
次回は、昭和20年3月18日の鹿児島航空隊に対する空襲について触れてみます。
posted by ぶらかご.com at 01:48| Comment(3) | 鹿児島の近代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始めまして。
鹿児島出身、埼玉在住の者です。

いつも感慨深く愛読させて頂き、鹿児島の歴史や出来事が手に取るように詳しく書かれているので感激しております。

小生は戦後生まれなので「戦争を知らない子供たち」ですがご参考になればと祖母や父母等から聞いた鹿児島空襲の事をコメントさせてもらいます。

実家は冷水水源地に近いところにあります。子供の頃、実家の腰付障子の板の部分や柱にキズが数カ所あり、不思議に思っていました。

祖母曰く
戦中、祖父が出征しており幼い父とおじとで銃後の生活を送っておりましたが、ある日、米戦闘機が錦江湾方向から玉里方面への谷筋沿いに機銃掃射をしながら水源地付近に爆撃を行ったそうです。
それらの銃弾や破片が飛び込んできたときのキズだったそうです。

祖母からは鹿児島駅の空襲の状況等も聞いたことがありますが長くなるので割愛します。

十数年前になりますが、城山トンネル工事の時米軍の魚雷の不発弾が発見されたそうですね。
そのあたりの山は子供の頃山遊びをしていた辺りなので今考えればゾッとします。
おそらく、錦江湾に停泊している艦船に向け発射できず、帰還する為止む無く投機していったものなのでしょうね。

他愛ないコメント失礼いたしました。


Posted by 純情唐芋 at 2015年07月21日 13:55
こんばんわ、純情唐芋さん。
貴重なコメントです!
ありがとうございます。

冷水町周辺では、防空壕や避難する話を体験集などが知ることができましたが、機銃掃射と爆撃に関するものは初めてでした。

純情唐芋さんのお爺さんやお婆さんは、当時20代〜30代だったでしょうか?
当時20代以上の方の話を中心に読み進めているところです。

この年代の方が書かれた体験文は、町や人々の様子がよく描かれているようです。

純情唐芋さんが、ご存知の話がありましたら、ぜひ、教えてください。

今、筆者は鹿児島海軍航空隊と真砂町・南郡元町・二軒茶屋辺りについて調べているところです。
戦前・戦中の資料が極端に少ないため、悪戦苦闘しており、ブログの更新が疎かになってしまいました。

明後日までには、更新する予定ですので、その際はぜひ、当ブログへおいでください。



Posted by 鹿児島ぶら歩き at 2015年07月21日 23:39
ご返信ありがとうございます。

冷水には多数の防空壕がありました。
子供の頃は戦争の遺跡とは知らずよく子供同士で中に入って遊んでいたものです。

沢山の防空壕がある中で、冷水峠にひとつやたらと大きな壕がありました。
位置的には麑城を下ってきて玉里方面へ、左側に「ちょろちょろ」と呼ばれていた湧水のごく小規模な滝のようなところがあり、その先でした。
今の「冷水峠バス停」入口信号より若干紙屋谷寄りだったと記憶しております。
間口のたっぱ、幅ともに大きく、入口から数メートルのところで輪郭に沿ってブロックが組まれ、鍵の掛った大きな木の扉がありました。
何故かその壕へは電線も引かれていたと記憶しております。
周辺の壕は冒険できたものの、そこだけは前述の通りで親からも近づくなと言われておりました。
あの防空壕は何だったんだろうと今でも疑問に思っております。

冷水は水源地があったので攻撃されたのではと推測されますが、玉里に戦車部隊(←と聞いております)があったらしく上空をよく米軍機が飛んでいたそうです。

余談ですが、母(12年生まれ)は西田町の出身で実家は戦前より材木店を経営していたそうです。
その父は満州で戦死、母兄弟は人吉に疎開中空襲で実家は焼失、再建できないまま途方に暮れた戦後を過ごしたそうです。

小生が戦中の事でお話しできるのは先達から聞いたほんの少しの事と、体験した昭和30年代後半から50年代の鹿児島の様子位、市内でも天文館から北地区、特に上町地区城山団地の造成の様子等ですが、お役に立てれば幸甚です。

今後も懐かしい鹿児島の事を想いながら「かごぶら」の更新を楽しみにしております。
Posted by 純情唐芋 at 2015年07月22日 10:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。