2015年07月24日

近代産業の先駆け 郡元村・中村周辺

『写真でみる鹿児島市の明治・大正・昭和』という写真集に、「大日本紡績鹿児島工場」の写真が掲載されています。
志学館周辺の山から撮られたものと思われ、工場は現在の真砂本町にあったようです。

製綿紡績所址の碑
 国道225号線、郡元交差点下に、「製綿紡績所址の碑」が建っています。碑は折れたことがあったようで、補修がなされています。
bousekijo1.jpg

裏面に説明文が刻まれており、次のように記されています。

「島津斉彬公、綿布ノ自給自足ヲ計ランガ為メ、安政ノ始、海浜字浜ヶ崎ニ綿ヲ栽培シ、手繰式及足踏式器機□テ綿ヲ紡ギ、之ヲ田上村ニ在ル水車動力ノ機場ニ送リテ、綿布帆布ヲ織ラシメタル、是即、我日本ニ於ケル紡績工場ノ濫觴ナリ 
昭和九年七月一日 中郡宇村□之」

説明文が刻まれたところは、摩耗が進み読めぬ所もあります。文章中の□は、文字を逸して不明なことを表しています。
『鹿児島市史V』に碑文が掲載されていますが、2ヶ所ほど分からないようです。
ただ、文章最後の「中郡宇村□之」の□部分には、「建」が入るのではないかと筆者は考えています。

『薩藩沿革地図』で、現在の真砂町周辺を見ると、お武家さんの屋敷が4軒描かれています。
屋敷以外は田畑なのか、空き地なのかよく分かりません。
この地図ではお武家さんの屋敷は描かれているものの、町人やお百姓さん家は描かれていないため、詳細が分かりません。
藩政時代、この辺りは人家もまばらな寂しい所であったかもしれません。

島津斉彬の近代化政策
【 紡績工場 】
斉彬公が紡績所を最初に建てたのは、現在の真砂交差点下のガソリンスタンド前あたりで、当時は「濱ヶ崎」と呼ばれていました。

建物は十間(18メートル)と四間(7.2メートル)ほどの木造平屋3棟であったそうです。
中村紡績所と呼ばれ、手織り木綿が製造されました。
これが薩摩における機械紡績工場の始まりでありました。
前述の碑文は「我日本ニ於ケル紡績工場ノ濫觴ナリ」とあり、ここが紡績工場の始まりであることを記しています。

『鹿児島市の史跡めぐり』によると、紡績所の附近一帯や鶴ヶ崎一帯で綿を栽培し、それを農家の子女が足踏機械4台によって木綿を織らせたそうです。
ただ、綿の栽培は天保の財政改革から、調所笑左衛門によって奨励されたもののようです。
安政4年(1857)になると、田上村と永吉村に水力を利用した本格的な紡績所がつくられました。
2年間操業した中村紡績所は、閉鎖することになったそうです。

田上の水車館、斉彬公が亡くなる2,3年前には男の職工だけで40人おり、技術者も河内国から呼ぶなどして技術の向上に力をいれていました。
田上の水車館には2台の織機が設置され、一日に百反と十反を織りあげるほどで、藩内の原料がなくなるほど、生産力が向上していたそうです。
1867年(慶応3)、洋式工場鹿児島紡績所が磯に完成すると、田上と永吉は役目を終えることになりました。

紅硝子製造所
磯に集約されたのは、紡績だけでなく鴨池2丁目の福祉館周辺にあった「紅硝子製造所」もそうでした。

garasu1.jpg

嘉永4年斉彬公は、騎射場にあった製薬局のそばに紅硝子製造竈を建設したそうです。
斉彬公は、宇宿彦右衛門、中原猶介、市来四郎に命じて紅硝子・透明紅硝子の製造の研究を命じました。
また江戸から四本亀次郎を呼び、試作すること数百回。

嘉永5年、遂に成功。これが日本における紅硝子製造の始めとなりました。
研究はその後も行われ、芸術性を加えた紅硝子器や透明な紅硝子の製造にも成功。
これらの紅硝子は、薩摩紅硝子として各藩から注文が殺到し、研究費はたちまちペイしたそうです。
安政3年、紅硝子製造は磯の集成館に移されると薩摩切子や板ガラスなどが盛んに製造されたそうです。

磯の異人館や集成館などが世界遺産に認定されましたが、その基礎は旧中郡宇村、永吉村、田上村にあったのです。

製糖所
『中郡宇村誌』によると、現真砂本町辺りでは白糖の研究製造が行われていたそうです。
「斉彬公は薩藩の製糖粗悪なるのみならず、世の進運に伴いて黒糖の需用は漸次に減少し、遂には白糖の世となるべし。従て氷砂糖の需用も亦大なるに至らん。今に於いて宜く製糖法を研究改良すべしとなし、和蘭より書籍を購入し、川本幸民をして之を翻訳せしめ、氷砂糖は製錬所に於いて、白糖は中村の海浜字鶴ヶ崎にて研究製造せしめ、共に良好の成績を挙げたり。」

「島津斉彬は氷砂糖の製造と共に、郡元の海浜字鶴ヶ崎に支那及び台湾種の甘藷を栽培し、新川の水力による製糖所を創設し、琉球人をして製糖法によりて白砂糖の製造をなさしめ優良品を製出するに至りたり。当時斉彬左右に曰、薩藩の国産は第一砂糖、第二櫨蝋、第三樟脳なりと」

『鹿児島市史T』によると、郡元村にも水車館を設けたとあります。郡元水車館では砂糖の精製、綿実の油しぼり、漁網の製造、軍用糒米の搗き方などを行っていたそうです。
人家まばらであった現真砂町や真砂本町。江戸時代後半には、斉彬公の事業によって俄に忙しいものとなったようです。

鶴ヶ崎
鶴ヶ崎入口交差点、鶴ヶ崎橋、鶴ヶ崎公園など、「鶴ヶ崎」という地名を南郡元町や三和町などで見かけますが。
鶴ヶ崎という地名の由来について、『中郡宇村誌』によると次のように記しています。

「鶴ヶ崎とは、安政年間まで新川尻に鶴群の渡来したるに由る俗称なり」


posted by ぶらかご.com at 00:48| Comment(0) | 鹿児島の近代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。