2016年05月05日

加治屋町の読み方

 つい先だって、いづろの電停から「谷山行き」の電車に乗ったところ、高見馬場交差点を直進したのでした。内心焦りつつ、電光掲示板に目をやると「谷山行き」の表示。
乗り間違いではないらしい。十数年ぶりに乗った2系統の電車でありました。
しばらくして、電車が郡元の交差点を右折する段となり、「中央駅経由谷山行き」であることにようやく気づいたのでした。
 
以前、『加治屋町の呼び方』で取り上げたところですが、書き改めてみました。

■ カジヤチョウ
 焦りつつ乗っていた電車が、「加治屋町電停」に差し掛かったときのことである。
運転士さんは「カジヤチョウ」と案内。電停の看板に目をやれば、「kajiya-cho」の文字。
以前乗ったときは、「カジヤマチ」と呼んでいたと思うのですが、そこで加治屋町の読み方について調べてみることにしました。

■ 鍛冶屋町
 『鹿児島市史こばなし』に加治屋町について次のような話が掲載されていました。
「内城即ち大竜寺屋形が慶長七年鶴丸城に移ったころ、この地一帯は鍛冶屋が多く鍛冶町とよばれていた。のちこれがなまって加治屋町となる・・・」

鶴丸城建設と御城下の整備、甲突川の付け替えなどの大規模工事によって、鑿や鉋などの道具の需用はかなり高かったと思われます。相当数の鍛冶職人がいたかもしれません。
加治屋町は歴史ある古い町名のようです。

薩藩沿革図をみると、「上之加治屋町」と「下之加治屋町」に分かれていたようです。
天文館方面から見て、今の電車通りを境に右手が「上之加治屋町」、左手が「下之加治屋町」と記されています。
西郷さんをはじめ、大久保利通や大山巌などの偉人を数多く輩出したのは「下之加治屋町」になります。

■ カジヤマチ
『勝目清遺稿集鹿児島つれづれ草』(昭和48年)に、加治屋町の呼び方について次のように記しています。

「昔は上の加治屋町と下の加治屋町と2つに分かれていて、「ウエン、カンジャマッ」「シタン、カンジャマッ」とそれぞれ呼んでいました。それが合併して「加治屋町」と書くようになって、「カンジャマッ」と呼んだのです。
私は77歳ですが、若い頃から「カンジャマッ」と呼んでいました。「カジヤチョウ」とは言いませんでした。いつごろからともなく、「カジヤチョウ」と呼ぶようになったのではありますまいか。
加治屋町の呼び方は、鹿児島語では「カンジャマッ」、標準語では「カジヤマチ」と呼ぶのが固有の呼び方であります。」

 加治屋町の本来的な読み方は、「カンジャマッ」「カジヤマチ」であるようです。下之加治屋町出身の偉人さんたちも、「カンジャマッ」と呼んでいたかもしれません。
また加治屋町電停の呼び方について、同書は次のように記しています。

「以前、市電停留所名は柿本寺通りと呼んでいたのを、西郷・大久保両先輩に縁故深い加治屋町と呼ぶことに変更したとき、昔のとおり「カジヤマチ」と呼ぶようにしてもらったのであります。」

 筆者がおぼろげながら覚えていた「カジヤマチ」には、上記のようなこだわりがあったようです。

■ 余 談
「カジヤマチ」と呼んでいた証拠はないかと思い、期待をもって、アメリカ陸軍が1945年に作成した鹿児島市地図をみてみました。「KAJIYACHO」とローマ字表記。んー残念。







posted by ぶらかご.com at 04:32| Comment(6) | 地名・町名にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして改め、さんぽ猫です。
お久しぶりです。
ブログ更新を楽しみにしてました。
今はほとんど「〜ちょう」の地名だと思いますが、かじやまちのほうが歴史や風情を感じますね。
Posted by さんぽ猫 at 2016年05月14日 09:36
いつも興味深く拝見しています。しばらく更新がなかったので、気にしていました。
谷地坊主と申します。よろしくお願いします。
鹿児島には、確か「カンマチ」という地名があったと思いますが、あれは、「上町」と書くのでしょうか。
地方自治体の「町」「村」は県によって読み方が違います。鹿児島県は、「チョウ」「ソン」と読むようですが、埼玉県では、「マチ」「ムラ」と読みます。例えば、小川町は、「オガワマチ」、東秩父村は、「ヒガシチチブムラ」
と読みます。マチ、ムラと読んだ方が親しみがわくような気がしますが。
Posted by 谷地坊主 at 2016年05月15日 16:53


>さんぽ猫さん
>
>はじめまして改め、さんぽ猫です。
>お久しぶりです。
>ブログ更新を楽しみにしてました。
>今はほとんど「〜ちょう」の地名だと思いますが、かじやまちのほうが歴史や風情を感じますね。
>

こんばんは、鹿児島ぶら歩きです。
さんぽ猫さん、ありがたいことを言っていただき有難うございます。

昨年、体の調子を崩してしまい数カ月ほど病院の厄介になっていました。
ようやく調子も戻ってきましたので、少しずつ更新していく予定です。
コメント返信のやり方が分からず、四苦八苦しています。

鹿児島市内に残る古い町名は、「まち」と呼ぶのが本来的な呼び方のようです。
和泉屋町・栄町・恵美須町などは、「まち」と呼んでいました。
西田町も「にしだまち」が本来的な呼び方のようです。

2つの町名について触れる予定にしています。

Posted by ぶらかご.com at 2016年05月15日 22:08
こんばんは、鹿児島ぶら歩きです
気にかけていただき、ありがとうございます。
昨年体の調子をくずしてしまい、数カ月病院の厄介になってしまいました。
ようやく調子が戻ってきました。少しずつではありますが、記事をアップしていこうと思っています。

おっしゃる通り、「カンマチ」は「上町」と書きます。
上町「カンマチ」は、和泉屋町・栄町・恵比須町・車町・地蔵町・柳町・浜町を一括りにした言い方で、鹿児島城下ではもっとも古い町です。
今では柳町と浜町の2つの町名を残すのみとなってしまいました。
「マチ」と呼んでいたようです。
上述した6つの町は、「マチ」と呼んでいたようです。

上町に次いで下町(シモマチ)もつくられ、そこには12若しくは15の町があったといわれています。
「カンマチ」は「カミマチ」が変化したもので、「カミ」と「シモ」で対(つい)になっています。

「カンマチ」という言い方は古く、『諸郷村附並浦附 寛政十二年申年写之」という書物に、振り仮名つきで掲載されています。

 「チョウ」と「ソン」についてです。
おっしゃる通り、現在鹿児島では町を「チョウ」、村を「ソン」と呼んでいます。
藩政時代は「マチ」「ムラ」と呼んでいたようです。
「チョウ」「ソン」と呼ぶようになったのは明治以降のことと思われます。

ご指摘の通り、固有の名称で呼んだほうが良いと筆者も思っているところです。





>谷地坊主さん
>
>いつも興味深く拝見しています。しばらく更新がなかったので、気にしていました。
>谷地坊主と申します。よろしくお願いします。
>鹿児島には、確か「カンマチ」という地名があったと思いますが、あれは、「上町」と書くのでしょうか。
>地方自治体の「町」「村」は県によって読み方が違います。鹿児島県は、「チョウ」「ソン」と読むようですが、埼玉県では、「マチ」「ムラ」と読みます。例えば、小川町は、「オガワマチ」、東秩父村は、「ヒガシチチブムラ」
>と読みます。マチ、ムラと読んだ方が親しみがわくような気がしますが。
>
Posted by ぶらかご.com at 2016年05月15日 23:05
はじめまして。
鹿児島の歴史に興味&愛着があるものです。
いつもパソコンで検索しているんですが、以前よりかなりの確率でこのブログにあたります。
幼少期より引越が多く鹿児島市内を転々としているので自分の関わった土地の歴史を知る事が楽しくて嬉しいです。
wikiより詳しいので読みながら感激しまくりです。
本にはならないのでしょうか。
Posted by 冬つばめ at 2016年06月01日 13:45
こんばんは、冬つばめさん。
鹿児島ぶら歩きです。コメント寄せてくださり有難うございます。

当ブログは、筆者が気になったことばかり書いています。
とてもとても、出版というレベルにはありません。
歴史ということを意識しておりませんが、古い史料なども参考にしているため、そうなってしまっているかもしれません。
本人は、あまり意識しておらぬというのが実情です。







>冬つばめさん
>
>はじめまして。
>鹿児島の歴史に興味&愛着があるものです。
>いつもパソコンで検索しているんですが、以前よりかなりの確率でこのブログにあたります。
>幼少期より引越が多く鹿児島市内を転々としているので自分の関わった土地の歴史を知る事が楽しくて嬉しいです。
>wikiより詳しいので読みながら感激しまくりです。
>本にはならないのでしょうか。
>
Posted by ぶらかご.com at 2016年06月02日 01:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: